LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

語るに落ちる

私は優しい人間です。と言えるだろうか。言えない。 それは観測した結果の誰かの感想に他ならず、じゃあ、私は優しいから〇〇してあげる、とか言うのだろうか。そういう風に、人は自分の性格を行為に繋げたがるが、私にはそれはオカシイと思える。 再帰的で…

他人と仲良くしなくてもいいんじゃないかな

発達障害界隈は「他人と仲良くできなければならない」みたいな思い込みが激しいのではないか、という印象を受けた。 だからというのではないが、他人と仲良くならなくても良く無い?という風に思うのである。無理して仲良くする必要なんて無い。 仲良くしな…

漫然と生きている日々

まぁ、所謂「目的意識も無く」日々を何かのステップアップのために利用するでもなく、何かをするでもなく、あてもなく、やる気も無く過ごしている。 そこに悪気を感じるわけでも無い。罪悪感を感じろ、という人もいるだろうな、と予想はするが。最近思うのは…

本好きの下剋上 感想 予想

561話辺りの感想 ・ヴィルフリートの話 何だかんだアウブになりそうな予感。前からローゼマインとの結婚は無いと予想はしていたが、やはり、という感じ。ローゼマインの呪縛が解けたので自分の意志でアウブになりたいと志すのでは。 ヴィルフリートに難色を…

失敗を許す

世の中、一度の失敗で全て台無し、ということが多い。けれど、失敗を許す世の中であって欲しいと思う。 勿論、許されざるようなことも多いが、日常生活における殆どの失敗はあまり問題が無いことも多い。失敗の結果の安全が保障されているのであれば、失敗を…

REゼロ感想 7話

ベアトリス可愛い。 ベア子、エミリア、ロズワールは声が合ってると思う。 スバルは次点。 ラム・レムは合ってない気がする。若い声優だろうな、と思ったら予想が当たるレベル…(´・ω・`)ジブリっぽいんだよね…。 小説を読むときはスバル=圭一君、で補完して…

REゼロ 感想

6章辺りの感想。 5章プリステラは悪く無かったかな。 6章はスバルの幼稚さがぶり返している気がする。調子に乗った失言が多い。5章ではそういう部分はなりを潜めていたので6章でダメスバルに逆行している気がする。 あとハーレムだなぁ、という感じがとても…

やっぱりハーレムはキモイな…

REゼロを読んでいて、やはりハーレムは無理だな、と思いました。なんでハーレムになったんだろ(苦笑) 人を殺しちゃいけない、と思ってるのに、何股掛けても問題ないとか頭のネジ飛んでるだろ(´・ω・`)もうね、ポケモンとかにしたらいいと思うんだよね。美少…

自分の殻

自分の殻に閉じこもる、とか自分の殻を破る、というが…そういう考えは危険だと思う。 慣用表現に過ぎず本質を見失う。ただ気合入れて人と関われば何とかなるとか、そんな感じである。 確かに小手先の技術は上手くなるかもしれないが、他人に対するキツさは慣…

発達界隈雑感

非情にドロドロしてるなー、という印象。殆どの優しさは気味が悪いものだ。だから、優しくされるのは好きじゃない。 その裏に自慰感情を感じるから。あなたは自分の傷だけ舐めてなさい。鬱陶しい。そうした言葉の裏を感じるのが気に障る。そして、私は受け流…

個性を愛すること

発達障害は障害だから治しましょう。分かっていない人が多い。 同性愛は障害だから治しましょう。これと同じことを言っている。 同性愛は社会の都合で障害に分類されていないだけ、発達障害は社会の都合で障害に分類されただけ。それを抱えている私にとって…

泥のような日常

生きている実感に乏しい。半覚醒である。何か感覚刺激を求めている。麻薬・酒・女・スポーツ…。ドーパミンを放出させたいのかもしれない。 走っていないと死んでしまう病。家にいると活動性が下がり、そのまま動けなくなりそう。だから、外へ行かねばならな…

自分の考えを疑うということは自分を信じるということである

自分を疑うということは自分を信じなければできないことだ。 なぜか。 自己矛盾に陥るから。クレタ人は嘘つきだ、という命題を証明することはできない。 だから、クレタ人は第一に誠実でなければならない。嘘つき、というのは自分に誠実で無ければならない。…

孤立したい

しばらくツイッターをやっていたんだけれど、孤立したいなと思えてきた。内面世界に引きこもりたいな、と。 そういうのが私だなぁと思う。それは私らしい。孤独で孤立した世界を生きて来た私にとって、その静寂が生活に不可欠なのだ。 だから、一人ぼっちに…

発達障害とは

能力に凹凸があるから発達障害では無くて、 発達障害があるから結果的に能力に凹凸ができてしまうのである。 発達障害があるから生き難いのでは無くて、 社会が要請する能力に対して能力の低い人間は生き難いから、 発達障害者もそれに倣い生き難くなるので…

学校に行きたくない人

思うに、学校に居場所が無くて行くことが苦痛だった、という人は社会に出ることも向いていないんだろうな、と思う。 集団の中に入っていくのは苦痛、そういう風にインプットされる。 毎日学校に行って授業を受けるのは苦痛、そういう風にインプットされる。 …

障害受容とは

うん。 なんだろう。 ツイッターも障害のことばかり話してるよ…(>_<) なんか嫌になってきたよ。 要するに、障害に呪われてるじゃないですか(>_<) 違うんですよ。 障害のことなんて話題にも上らないくらいに気にしなくなって、 それが障害受容。 障害以外のこ…

それが私のレーゾンデードルだから

ごめんなさい。タイトルに意味はありません。 ツイッターを見ていると気づいたら10時間くらい経っていますね。恐ろしい。 人間が生きていく時に、その人らしく生きたい、生きるべきだ、という。私の家族には明らかに働くのに向いていない人がいて、私はそ…

Twitterをやってみた感想

新奇性のある発達障害者にとっては、動きを封じられてしまうツールだなと思った。そこから抜け出せなくなりそうだ。 自分の考えを発信して反応を見るのには良いが、自分の考えをまとめるのには向いていない。一々レスポンスが付いてしまうから。 考えをまと…

私にとって障害は私の一部である

人が自分の容姿を愛しているように、私は自分のこの脳を愛しているのだ。だから、私の障害が中傷された時、私は私が攻撃されているのだ、と感じる。 私が不細工だったとして、顔を中傷された時に、怒りを感じるように、私は脳の不出来を中傷された時に、怒り…

歳を取って一人が寂しいということに気づき嫁を欲するという間違い

ACだのう。 人は一人で死んでいくものだ。伴侶はいつか死ぬ。 自分が看取って貰えるとなぜ思うのだろう。 最近は人は病院で死ぬ。 一人暮らしでも医者に看取られて死ぬことも多いだろう。 孤独を癒すために伴侶に頼るのは、犬猫を飼うのと同じ気持ちからだ。…

同性愛に関する勝手な想像と偏見

同性愛に関して 同性愛者は友達を作るのが難しいのではないか…。 なぜか。 同性に対して、恋愛感情を持ち込んでしまうから。 性的志向とはセックスしたい相手→恋愛したい相手みたいな話だと仮定して。 男女の友情が不可能だ、と言われるように、同性愛者の立…

くまみこ と REゼロ 3話 感想

今期は「くまみこ」がお勧めかな。 REゼロはお勧めはしない(笑)スバルうざいですよね。ただ、そのうざさも物語の勘定のうち。スバルがエミリアに否定されてからが本番だから(´・ω・`) ただ1期でそこまで行くかな、行かないんじゃないかな、みたいな。エル…

凡人ですら無い話

主人公でも無いし、普通でも無く、更にはアウトサイダーである。 ドラえもん から 妖怪ウォッチ へ みたいな話を読んで、現代の子供に「のび太君」や「ジャイアン」みたいのに共感を抱く子は寧ろ少ない。寧ろ「普通」ということに悩む子が多い、みたいな話を…

障害と付き合う

発達障害らしい行動を自分がとって失敗してしまった時に、これは発達障害的な失敗だな…とか思う。障害による影響だな…と思って、色々距離が取れるようになるかもしれない。 自分もそうだし、他人の失敗もそうである。 思考が飛んでいるな、とかフラッシュバ…

人間が嫌いか

人間とは何だ 大勢いるな 人間とは何だ 私は何だ 人間なのか 人間とは何だ 動物なのか 私は人間なのか 私は動物なのか 犬や猫 鳥や豚 馬や牛 猿は動物なのか 人間は動物なのか 境界が見えない 境界を見たい 国境のように 境界は見えない 境界は人間が引いた…

人それぞれ

人それぞれ、多様性…そんな言葉で発達障害を鵜呑みにすると、そこで試合終了だと思う。 人それぞれ、多様性…を「子供騙し道徳」の辞書に載せよう…。「友達100人」とかの語彙が載っている。 発達障害の症状は多様だが、それぞれ分解し分類することは出来る。…

理解できないということを理解すること

同性愛に関して、理解できないということを理解した方が良い。 そういう感覚が分かるかどうか。 私が異性愛者だから同性愛を理解できない。 理解=共感として使われている…というか。 同性愛には共感できないということを理解した方が良い…か。 同性愛者に共…

逆に考えると

アニメで表現が規制され、グロい表現がモザイクで隠されたりする。 そうすると、私にとってはそのアニメを楽しめるようになる可能性がある。 と考えることもできる。 規制が無い方が良いという人もいるが、グロ表現については私は規制して欲しい派であり、そ…

性格が精神医学に分解されていく

昔、性格と言われていたもの、人格と言われていたものが、精神医学によって障害に分類され類型化されていく。整理されていく。 発達障害者は自分の人格や性格と思っていたものが「症状」に過ぎなかったことを知る。隣の人も隣の人も同じ性格と同じ生き難さを…