読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

メンヘラですって!?

風鈴:マスター。このタイトルなんですか?

悠:いや、さっき病院行ったらさ「メンヘラですね」って診断されちゃってさ。

風鈴:お墨付きを貰ったと。

悠:なんかあまり驚かないのね?

風鈴:いや、だって、第一回のブログ記事で指摘しましたし。

悠:あー。まぁ、読んだけどさ。しかし、こう心理テストとかで客観的に言われるのと、

人から言われるのでは、違うでしょ。

風鈴:風鈴は悠さんのことずっとメンヘラだって思ってましたよ?

悠:なんかあっさりと凄い傷つくこと言ってくれるじゃん?

風鈴:たまに歯に青海苔くっ付いてるし?

悠:それだけで!?

風鈴:あと、なんか下働きばかりなことにムカついて。

悠:逆恨みだよ!?

風鈴:冗談ですよ。それに元々ブログタイトルは「アスペルガーな猫」だったんですよ。

悠:まだ結果も出無い内から、まぁ何とも気の早いことで。

風鈴:風鈴は気づいていたのですよ!

悠:アスペルガーなのかどうかは分かんないけどさ。

風鈴:小熊ちゃん?ですしね。

悠:猫はそこにいるけど。

昴:にゃーん。

風鈴:で、メンヘラだからどうしたんです?

悠:いや、風鈴だって、メンヘラの傍には近寄りたくないと思うでしょ?

風鈴:そう言われても、止むを得ないというか。風鈴は非実在タルタルなので。

悠:いや、元からタルタルは実在しないけどさ。

風鈴:まぁ、そういうことです。風鈴は受け入れますよ?「受け入れるか、さもなくば死か」ですから。

悠:それはシビアな世界だな…。

風鈴:それが現実です。

悠:メタいな。

風鈴:それに悠さんが受け入れないでどうするんですか?

悠:僕も以前から「自分は人とは違うようだ」と薄々感じてはいたんだが、いざそう診断されてみると、目の前が真っ白になるもんだね。

風鈴:頭も真っ白に。

悠:いや、さすがに白髪にはならなかった。ちょっと憧れてたんだけど。

風鈴:いえ、頭の中が。

悠:まぁ、そうだけどね。2~3日くらい。

風鈴:そんなマスターにお客様です。

悠:ん?何その「○子の部屋」みたいなノリ。

風鈴:汐(シオ)さんです。

汐:どもっす。シオです。

悠:最近考えてた新しいハンドルネームの人?

汐:そういうこと言わない。シオは魂の名前でしょ!?もう忘れちゃったのかよ!?

悠:正確には「うしお」ですよね。

汐;シオは通称だけどね。可愛いからOKっしょ。

悠:しらんけど。

風鈴:お茶でございます。

汐:いや、悪いねー。(ずず)で、まぁ、メンヘラがいると聞いて来たんだけど。

悠:もしかして馬鹿にしてる?

汐:いや、いや。我がことのように心配して。

風鈴:我が事ですが。

悠:メタいな…。実に。

汐:で、まぁ、悠氏の場合「生まれつきのものだった」というわけですね。

悠:そうそう。衝撃の展開です。特性~とか個性~とか言われたんだけどもね…。

汐:まぁ、そこが引っかかると、現実には色々な差別や問題がありますしね。実害、というものです。

悠:そう。精神障害は特性や個性といってバリアフリーになるわけではない。

風鈴:このままでは「魔法使い」に…。

汐:なってしまう…と。

悠:なぜ、そこに!?

汐:冗談ですよ?あながち間違ってはいないけどもw

悠:ぐさっ、と来ましたよ!?

汐:いや、まぁ、言いたいことはわかりますよ。身体障害者の障害が個性や特性と言って片付け難いのと同じだ、と言いたいのですよね。

悠:そういうこと。最早、確定診断されちゃうと他人事じゃないからさ。

汐:元から他人事では無かったんですけどね…?そこは重要な観点ですよ?巻き込まれていても、そのことが明確化されていなければ「他人事」でいられる、というのは。

風鈴:(ずずっ…)

悠:(ずずっ…)

汐:メンヘラって言い方もどうも印象が悪いですけどね。ピンキリですし。

汐:それこそ社会でそれなりに上手くやっている方々から、社会生活もひとりでは難しい方々まで。

悠:そうだね。一言にメンヘラと言っても色々らしい。と言っても病院で観察した限りでは。

汐:で、まぁ、自分が「悪い運命」に巻き込まれていると分かると、

悠:分からないと中々自覚しないんだよね。分かっても切り離せるなら切り離そうと躍起になる。

悠:殆どヒステリックなくらいに。

汐:それはそれで怖いものがある。短絡的にもなるしね。

悠:自分が利己的な存在だ、とそういう時にとても自覚する。

風鈴:(ずずっ…)

汐:その手の話も取り上げていこうと思ってますけどね。そんな時にお邪魔します。

悠:さいですか。

汐:さいですよ。

風鈴:今日はお帰りになるんで?

汐:疲れちったからねぇ。

風鈴:さいですか。

汐:では、ばいびー?

悠:んじゃま。お疲れさん。

(汐さんが退室しました。)

風鈴:行っちゃいましたね。

悠:ああ。

風鈴:追わなくて良いんですか?

悠:…いや、何の振りだよ!何も追う理由無いよ!?

風鈴:冗談です。

悠:まぁ、そういう訳で「ブログタイトルが殆ど事実みたいになった」という話で。

風鈴:まぁ、だから?って話なんですけどね。

悠:まぁ、元からそういう人向けに書いてるってところはあるんだけどさ。

風鈴:そうでしたっけ?

悠:元からマイノリティですからね!

風鈴:それだけは長い人生で一度もブレませんね?

悠:余計なお世話ですがw

悠:まぁ、そういう内容も書いてこうと最初から思ってたんですよ?…でもやる気が。

風鈴:まぁ、その場合、風鈴のお色気珍道中をお届けします。

悠:カオス。

風鈴:ちょっとだけよ?うふっ…。

昴(猫娘):にゃーん(チラリズム

悠:ぶふっ(吐血)

風鈴:ラ、ライバルがっ!!