LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

FF14 FCとリンクシェルの不協和

FF14ではFC(フリーカンパニー)と呼ばれるコミュニティとLS(リンクシェル)と呼ばれるコミュニティがある。

FC

プレイヤーは一つのFCにしか加入することができない。ハウジングや所属国家におけるコンテンツなどは、FCに属している。FCに属していることで得られる効果が多い。

LS

プレイヤーは複数のLSを所持することができる。LSはFCの下位互換版のようなもので、チャット機能以外は無い。

基本的に、プレイヤーはFCに所属する。LSは特定のコンテンツのための連絡手段として用いられることが多い。例えば、バハムート攻略用・トレジャーハント用などである。チャット用のLSもあるのだろうが、基本的にはFC側にその役割を求めるプレイヤーが多い。またハウジング等のプレイヤー間のコミュニケーションを促進するようなコンテンツもFC側にしか提供されない。

ここでの問題は、FCは1か所しか所属できないということである。FF11ではLSの掛け持ちということが行え、ユーザーは自分の気分によってチャット場を切り替えられたが、FF14ではFCという制限によって、そういうことが気軽に出来なくなった。

またハウジング等、個人の投資によって大きくなるようなコンテンツの実装は、そのFCを辞めたくなった際に、それまでの投資を0にしなければならない、というデメリットを生じる。つまり、FCの問題はユーザーの流動性が失われることだ。プレイヤーは他に仲良くなったプレイヤーのFCに行きたくなってもFCを離れ辛いのである。

FCを離れなければ、仲良くなったプレイヤーと断絶されてしまう。FCとLSを使い分ければ良いと思っても、仲良くなったプレイヤーに二重にチャットすることを強いるのは負担になるのである。

FF14はギスギスオンラインだと言われているが、例えば、このシステムも実はギスギスの原因になっていると私は思っている。仲良くなった友達同士でFCを立ち上げようぜと言われて、自分は現在所属しているFCに不満が少ないため義理立てして離れ難く、新しいFCに入れないと、だんだん仲間たちとの温度差が開いてしまい、徐々に疎遠になっていったり。

その辺りの自由度が上手いこと疎外されているように感じるのである。

またログインすると自動的にFCに所属する全メンバーに〇〇さんがログインしましたと表示されてしまう。個人的にはこのシステムが受け付けなかった。当然、ログインした瞬間に挨拶の嵐である。システムから他人のログイン情報の表示を消すことはできても、自分のログイン表示をさせないようにすることはできなかったように記憶している。

挨拶するタイミングは自分で決めたいとか、今日は他人とコミュニケーションする気分じゃ無いな(けどゲーム自体はしたい)という時のプレイに支障が出る。また、プレイヤーはログイン情報が出る度に先立って挨拶しなければいけないような気になる。要はログイン情報が出る度に身構えるわけである。

このシステムを便利だという人もいるのかもしれないが、私には余計なお世話と感じられてしまった。