LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

偽物と本物

僕って人間じゃなかったんだなー、と思う。

普通の人の生活に只ついていくことができない。

人間関係・仕事・恋愛・生活・・・

人間という標準からの剥離・・・。

僕は偽物だと思う。

偽物の人間だろう、と。

けれど、今のところ、それで良いと思えている。

合せよう・・・合わせられない・・・その繰り返し。

その摩耗に疲れ、離れてしまう。

けれど、僕は結局のところ、そういう性質でしかないんだなと思う。

そういう普通の人に望めることの多くが、自分には無理で無駄だった、と思う。

僕は偽物の人間になるために生きているわけじゃないので、

それを目指す必要はない。

それを目指そうとして不幸になるのだから。

偽物は本物にはなれない。

偽物は偽物という本物なのである。

僕というのは、偽物の人間、という本物である。

偽物の定義とは、ある対象と比較した時に相似を為すもの。

普通の人間なんていないとよく言うけれど、

僕はとりわけ外れている。

そういう人間?は、きっと僕の定義の中では人間では無いのだ。

その悲痛な見解が、けれども今は腑におちる。

僕はその範囲で結構だと結論する。