LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

長門有希を嫁にしたい

自分の嫁にするとしたら、長門有希が良いなーと思った。何気に万能だし。死なないし。子供とか要らなそうだし。というか、お金すら要らなそう。養って下さい姉さま・・・。

私が会話が苦手でも相手もアレだし。沈黙も苦にならなそう。お茶啜ってるだけで幸せそうだし。

面白い本とか聞いて読みつつ。

こう普通に看取ってくれそうだしね。

介護必要になっても全自動で出来そうだし。正直、頼り甲斐あり過ぎだと思う。

そのくらい頼れる相手なら結婚したいと思うかな。いや、前の記事で頼るなって書いたんだけどね。

長門さんは圧倒的な壁役だと思うので。

原作の長門有希は感情豊富な方が良いのかなーと悩んだり、それは綾波レイとかと同じ感じだけど。私は無感情系キャラの方が安心できるけど、普通の人の感覚からしたら無感情系は可哀想な子なのだろうか。普通になることが良いことなのかな?黒色に染めたいのかね・・・(苦笑)あの子たちはたまに笑うから魅力的なんだと思うけどね。

うーん。結局、自分が気にしなくて大丈夫な伴侶が欲しいんだろうな。ちょびっつみたいなパソコンとか、従順なメイドとか、魔法契約で縛った奴隷とか?どこかで書いたような気がしてきた。機械の嫁とか良いよね。裏切ら無さそうだし。丈夫で長持ち。理性的。まぁ、壊れなければ。DVをしてもコチラが傷つくとか(笑)寧ろ格闘の稽古付けて欲しいんだけど・・(笑)言葉の暴力も心が無いから何のその。心の壁というか相手にしないフィルターというかね。華麗にスルーして貰えそうだし。気遣わなくて良い相手が欲しいのかな。

まぁ、長門さんもちょびっつも何気に気遣い必要そうだけど。ちらっと覗く人間性があるんだよね。私を騙してくれるならフリで良い。後者のちぃさん何かは私を愛してとか独占欲強そうだけども。機械も嫉妬とかするんだろうか。その辺も気遣わなくて良いのが理想かな。まぁ実は微かに人間性を期待してるわけだね。本当に冷酷無比だったら虚しい気がするかも?

あとは、歪んで無さそうなのが良いかな。倫理プログラムみたいなね。全て論理的に計算され尽くした公正な結果による判断ですよ、みたいなお墨付きというか・・・。その辺は生まれ変わったらスライムでしたって作品の賢者様みたいな存在が欲しいわけですね。それでいて適当に生きてていいよーって言ってくれる。助言者かな。これはまあどちらかというと適切な頭脳が欲しいとかそういう話か。

メンヘラとか要らないんですよ・・・。マジで。自分で言っといてなんだけどね。発達障害者に発達障害者をくっ付けても威力が倍になるだけなんですよ・・。だから、要らないんです。いや、発達障害者が須らくメンヘラという話では無いよ。面倒な相手ではあるだろうけど。ただ二次障害として鬱病を患ってる可能性が高いわけで私もそうなので、そんな人同士がくっ付いていてもアレだろうと。何の意味があるのかと。老々介護より酷いかもしれない。

老々介護とかもさ、50代の息子を70代の母親が介護疲れで殺してしまった事件があったけれども、体力や気力的に無理なんだと思う。私は若者の範疇なのに既に体力も気力も無いし(苦笑)

自分で頑張れって言ってもさ、70代では自分の分だけは頑張れる可能性はあるけど、他人の分まで頑張る元気は無かったんだろうと思うんだよね。

じゃあ、やっぱり違う形にしないと無理だろう、と。まぁ要介護者の安楽死を認めるとかね。介護の手が足りなくて無残に死ぬとか質が落ちて変な介護施設で暴力を振るわれるよりは、自力で生きられないから自ら死ぬ選択が出来ても良いと思うんだよね。死ぬ自由っていうヤツで。何が悲しくてこの文明社会で不幸な死に方を迎えなければならないのやら・・・。長寿もリスクが大きくて恐怖だと思うんだよね。

そういう考えがあって、私はやはり人から安易に死ねる手段を奪うのは酷いと思う。生活は自己責任とか言いながら死ぬ手段は奪ってる訳だからね。生きるのが辛くなったら死んでも良いと私は思う。それを認めないで生活の助けもしないというのでは酷いかな。まぁ勿論、生活を助けない全て自己責任、嫌なら安楽死ね、ってのも十分酷いけどね。極端だよ。生きる権利も死ぬ権利も人権として守られるべき範疇だという話。

老人Zっていうアニメ映画があって、そこでは介護機械に老人がセットされて、生活の世話をされるんだけど、私はそれもありかなって思う。対比として、人の世話になりたい、というのがあるんだけど、下手な人より安全性の確かな機械に身を委ねても良いかなと思う。親身になって欲しいということは感情労働を期待するということなのだしね・・。

一番嫌なのは、相手に嫌われるということかな。悪感情を向けられるくらいなら機械の方が気楽だと思う。相手も選べないしね。マッチョなお兄さんに介護されるとかさ・・。ギャンブルより無難な方を採るよ私は。ま、そもそもあまり人間との触れ合いが好きじゃないんだと思うけど。普通の人でも良く分からない他人に触れられるのは嫌だろうしね。

俺の嫁の話だった。機械の。この辺の話は繋がっていると思う。素手で握られたおにぎりより、ラップで握って欲しいとかね。機械嫁はラップなのか・・・。まぁ、そうかもしれない。面倒なものが遮断できそうだから。自分でも素手じゃ握らないよ。ある意味で、それは潔癖症なのかもしれない。醜い感情から逃げたいというような。

サイコパス』で色相が濁る恐怖というのは、自分が染まってしまうというのは、そんな感じかもしれない。自分の劣悪な面を見たくないとか、他人の劣悪な面を見たくないとかね。だから、そうならなくて済む相手とのみ一緒にいたいと思う。まぁ、本当は状況も関わるからね。エリアストレスで染まっちゃうから。普通の人は職場でそういうストレス体験をするから、家ではホッとしたいみたいな心情があるのかもしれないし、逆に抑圧するから家で解放してしまうのかもね。

嫁が機械なら当たっても「うぬが!効かぬわ!」ってスルーしてくれるだろう。まぁ、そういう安心感が欲しいのかなと思う。何があっても壊れないで欲しいなと。弱さで自分に依存されて一緒にいるんだからね!ってのは私としては最悪。それはもう壊れてると思うので。クーデレな感じで頼みたい。ツンデレも良いけどね。自立出来てて私に居て良いよと言ってくれる娘が良い訳さ。そう考えると「私が一緒にいたいなー」って思って相手と居るってことが不可欠なんだろう。

相手が「あなたがいないとダメなの・・・」って場合には、さようならって感じだなー。気持ち悪いし。ヤンデレはダメ。なろう系の小説ではよくいるんだけどね・・そういう子が。生身の人間なら自立できていることが私と交渉する第一条件だと思う。いや、だって私は自立出来てないしさ・・。自立出来て無いx2とか何の意味があるの。人という字は支え合って出来ているの?どちらかが崩れたら牙城が崩れるんだよ。相手に下駄を預けるのも預けられるのもちょっと無理かな。

と言いつつ、現実的に下駄を預けられるのは絶対的な能力を持っている相手な訳で。まぁ、そういうことだよね。玉の輿に乗りたい女と発想が同じだよね。要するに経済力を欲するのは安全や安心が欲しいからな訳で。自分の人生を保証して欲しいんだよね。今の時代は恐らく男性も女性に対してそういう部分を求めているから結婚という行為が難しくなってきてしまったのかな。妥協するには互いに自立し合っているしかないわけで。専業主婦なんてのは寄りかかってしまうわけで、女性の責任を負える男性が減った=非正規の増加みたいな話なのかなと。

正に理想はATMだよね。仕事は的確で分かり易く頑丈だし。そうなりたいっていう男性はそりゃいないだろーさ。女性も然り。責任を負えるだけの基盤が多くの人に無いんだろう。そりゃ結婚も子供も無理だろうさ。

そんなわけで生身の人間に連れ合いを求めるのは無理だなーと私は思うし、長門さんくらい超越してたら負担にならないと思うんだよね。エンドレスエイトとかでも生き残ってるわけだから。そのくらい頼り甲斐があればヨロシクしたくなっちゃうよなーという話で。

いや、綾波さんはダメだけどね。生活力低そうだし・・。そもそも何人目か定かじゃないし。いや、死にそうにない?という意味では良いのだろうか・・・。職業はパイロットなのかな・・・やっぱ。