読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

性奴隷とか

IS〇Sが女性を奴隷にして、性奴隷にされるなら自殺する!って女性たちは自殺しちゃうらしい。

性奴隷とかさ・・・いや浪漫だけどね。妄想だけならね。現実に聞くと、阿保なのかな・・・と。

どっかその辺の輪姦同人誌的状況が現実にあるとでもいうのだろうか・・・。そりゃ気持ち悪い・・・。

馬鹿ばっか・・というルリルリの声が幻聴として聴こえてきます。

馬鹿に巻き込まれて死ぬとか嫌すぎる。うん。IS〇Sと戦う兵士の気持ちに同情を禁じ得ない。

狂信者も馬鹿だと思うけど、泥酔して路上で寝転がって轢かれて死ぬ人が増えてるらしい。

それも似たように馬鹿だと思う。轢いた方とかさ、ホント可哀想だな・・と。高速で自転車轢き殺した運転手とかね。

車は凶器だと私は思ってるけど、自分から轢かれに行くなよ・・・と。

全く違う話なんだけど、屋上の縁に立つと飛び降りたくなったり、ハサミを持つと指を切りそうになったり、包丁を持つと指を斬ろうと幻視したりするんだよね。歯科で医者の指を舐めちゃダメだとか思ってしまうと舌が挙動不審になって焦ったりとか。そういうのって自分だけなのかなー。危険を先どって結果を空想してしまい空想に行動を若干引きずられてしまう、というか。

そういう部分があって私は少しでも危険なものには近づかないようにしている。傷つけるんじゃないかという幻想が指先を狂わせて、自分の望まない結果を出してしまいそうな気がして怖い。外科医とか絶対できない人だと思う。最悪の結果を思い浮かべる人は逼迫すると、それを現実にし兼ねない危うさがあると思う。最良の結果を思い浮かべることが出来れば、その幻想に引きずられて良い結果を選択できる可能性が増えると思う。

どちらが良いかとは言えないけど、幻想に飲み込まれちゃうとOUTだなーと・・・。自転車乗っててこの段差とか引っかかるなーとか思うと、そうなったりするし・・。あ、階段を踏み外しそうだなーとか思いながら生きてる。まぁ、イケそうだと過信するのも良く無いんだけどね。安全マージンを取って生活するようにしている。

電車とかは後ろから押されるんじゃないか、とか足踏み外して飛び込むんじゃないか、とか考えて、発着場所?の境界には近づかないようにしてたりするし。

危険に敏感なのでIS何とかとか、北朝鮮とか中国とかアメリカとかロシアとか韓国とか怖いわーと思って生きてます。なんであんなに自分の利益ばっかり押し付けて他人の利益をバッサリ切り捨てられるのかなーみたいな・・・。ちょっと理解に苦しむ。そういう人が来たらどう逃げたら良いの?って思うし。基本戦術が逃げ一択なので。

IS~も同じで、〇X教徒だから奴隷でOKでしょ、とかさ・・・。そういう部分は、ネット上でアイドルをAVに堕ちて来ないかなーとか言ってる連中と同じで個人として見てないんだろうなーと思ったりする。例えば、アメリカでは友人=利益という考え方があるみたい。「自分が得をする」と、じゃあ相手は何を得ているのだろう?って考えないのかなーみたいな。きっと、考えないんだろうな、と思っている。それは私的に言うと友人じゃないかんね?と。

winーwinの関係とか何か敷衍してきた表現だけど、対等な関係をやろうとしたら必要だと思う。これだって西欧の考えなのにねー。資本主義的な考え方の問題は神の手があると考えてしまうことだろうと思っている。自分が利益を得られればそれが全てで、相手に不利益をもたらしていても誰かが帳消しにしてくれると考えている。だから、成功すれば何をやっても良いみたいな・・・。その成功に相手の利益は含まれていない。

傲慢だと思うんだよね。お金を稼げない人間には価値が無く何も言う権利は無い、とかね。社会的成功を収めている時点で自分が正義の側に立っていると思い込むというか。その上で自分の努力の結果だ。肯定しろと押し付けてくるというかね。そういうの意識のある人間が苦手だなーと思う。能力主義に基づいた自己肯定とでも言おうか。

私はそこから落っこちる側の人間なので、負け組ってヤツ?あるいはアウトサイダーだから、何も言えないらしいしね。いう権利が無いらしくて。でも、そういうのはある種の選民思想なんだろうなと思うけど。そんな形でしか自信を保てないのだとすると弱いなーと思ってしまう。サッカー選手が現役引退後に社会に適応出来ずに落ちぶれてしまう、みたいな話でね。自己肯定感の根拠を自分の能力などに置いておくのは危ういなーと感じてしまう。無能になったらポッキリ行くから。

その一つの信条の元に上手く行っている間は良いかもしれないけど上手く行かなくなった時に挫折することになると思う。それでまた自信をへし折られるのが怖いから利権にしがみ付くというか・・・。ほんと人間ってのは弱くて脆いんだと思うけどね。普通のレベルが分からないから何とも言えないけど。

IS~の連中も欧米やアジアの連中も根底にある部分は同じで自分が救われたいということだろう。やっていることがアレ過ぎて血液の色が何色なのか聞きたくなるけれど同じ人間に過ぎないのだと理解することはできる。私も愚鈍な人間なので、まぁ馬鹿な人間の気持ちが分からないことも無い。

ISのやっているレベルは同人誌やAVに思考誘導されて顔面にぶっ掛けるとか衛生的な知識を持たずにアナルSEX敢行するレベルだと思うけど・・・。本とペンという以前に常識・良識・道徳の観念が無いんだろう・・・と。フィクションをフィクションと看破できる現実的な定規ってやつが脳裏にある程度、刻まれて無いとダメなんだろうと思うけど・・・。

基本的に彼らはダイエットに失敗するタイプなのだろう・・・と。なぜ太るのか理解して、長期的な献立の見直しを行い、実際に行動に起こす。長期的に継続して、評価し、改善する。そういう当たり前の賢明さが集団になると周知・共有されずに伴われなくなって目先の欲望に振り回される。

~という感じだと思う。まぁ、私と同程度に愚かな連中なのだろう・・・。日本は賢明な人がそれなりにいるから多分成り立ってるだけで・・。というか歴史なのかな。まぁ、いなきゃあのザマなんだろうなー・・・と。

平和で穏やかに過ごせれば良いだけなのになー・・・。一日に1合の米と十分なおかずにネットと本があれば他に何もいりません・・。あとはネットで取り寄せるので(ぁ

ホント、ネット繋がらなくなって死んだな・・・と思ったし。引きこもりにとってネットとはライフラインですよ!あー、ホント、アレだな・・。周囲にネットとか便利そうだよね!っていう友人とか知り合いとかいたので、そういう人たちの日常と比べたら私のリアルって何なのかなーみたいなね。

うん。ネットの無い世界の人にとって、次点はラジオやTVなんだろうけどね。ゲーセンとかさ。ネットが無い場合は手持無沙汰になるから、寄合が必要になるだろうし。ネットがある現代社会では顔を見合わせて会うという行為を希求するものが減るんだと思う。寂しさや孤独や無意味さをある程度紛らわせるわけなんだろう。

ある意味、それ故に家の中の居心地が良過ぎるという訳なんだろうけどね。敢えて、外に行くメリットを感じないのだ、という。都市部ではとりわけそうだろうと思う。私みたいなコミュ障とかね。けど、それはそれでリアルを分別する能力を低下させるんじゃないかなーと思っている。

私の経験から言って、私の家族は普通じゃ無かったけど、外へ出なければ、私の普通でなさも分からない訳で。まぁ、それを拡張すると、割と忠告を貰うのだが、海外を一度は旅行してきた方が良いよ、みたいなね。日本で罷り通っている常識と海外の常識とを体験して違うことを確認してくると身になるよ、って話なんだと思うけど。

まぁ、生憎行く機会なんて無さそうだけどさ。どれが正しいかではなくて、違う社会が存在するということを確認しておくことに意義があるように思える。よく言う、日本が如何に恵まれているか!じゃなくてさ、比較対象として考える贄にするためにね。日本が全体的に恵まれていても自分が極端な部類かもしれないわけで。良くも悪くも偏差のボリューム・ゾーンに自分がいない場合があるから。

そうしないと良くも悪くも世間知らずなままだろう、と。