LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

草食系・絶食系

男性がセックスに消極的だという記事が目に入ったので、それについての自論。

かつては男性が女性を誘うものと言われていたが、男女平等の風潮の中そうしたジェンダーに反発していく。

「男も家事を」と言われるように「女性も仕事を」と言われカウンターしていく訳で。

そういう風に「男性は自分から女性を誘わねばならない」という風に思わなくなって来た。

もしかするとレディファーストみたいな言葉も廃れて来たのでは無いのだろうか??

「男性がデート代を持つべきだ」という言い方に見られるように、男性側が女性を誘わねばならない、

という価値観が古いものになってきた。だから男女平等といってデートも割り勘でという訳だろう。

という風に男性が女性に媚びなくなってきたのじゃないかな、と思ったりする。

孔雀みたいに派手な飾りを付けたり、踊ったりする気が男性の側に無くなったんじゃないかな、と。

…まぁ、僕は男女間の交際事情がどうなっているのやら、全く明るく無いのだが…。

それでも女性側にはまだ待ってれば男性側が声を掛けてくれるはずだ、という気持ちが残っている。

これはナンパ・と逆ナンという言葉に現れているが、あくまで声を掛けてナンパするのは男性側という認識の言葉だろう。

プロポーズだって、逆プロポーズと言われたら、それは当然「女性側がプロポーズしたんだな」と思う訳である。

こういう言葉が死語にならない内は、暗黙の了解として「恋愛の手綱は男性側が引かねばならない」という価値観がまだまだ敷設されているんだろう、と思う訳である。

それでも草食系と言われる男性などは恐らく、女性のように声を掛けられるのを待っているのでは無いだろうか。少なくとも僕はそんな感じである(苦笑)自分に自信が無いから、という事情もあるのだろう。非正規社員が増えたとか、不安定な労働環境に置かれているという事情が恋愛に及ぶことに引け目になってしまうように思える。

それはやはり「男性側が女性の面倒を見なければならない」という風潮がやはり強いためだろう。僕は過去に記事に書いているように長門有希みたいな女性が良いな(笑)と言っているが、完全に庇護下に置かれたい人である。その上で相手の負担にはなりたくもない訳で。

そういう視点から言うと女性に求めているのはメイドや家政婦というような役割な訳である。+お金も稼いできて欲しいと(笑)

でもこれって女性が男性に求めている理想でもあるんですよね。ATMが風刺だろうけど理想と言われていて家事もして欲しいと(笑)で自分の邪魔にもなるなと(苦笑)

僕実際リアルにそういう主婦知ってますし…(苦笑)で、その人は流石に旦那さんに愛想つかされちゃったみたいですが…(汗)まぁ理想だけは実に男女平等になってる気がする訳です(´・ω・`)女性の男性化なんていうけど同じ土俵で生きてりゃそうなりますよね。女々しい男性が増えて雄々しい女性が増えたというだけの話でしょう。

僕に甲斐性があれば相手の面倒を見ることに生き甲斐を見出せるんでしょうけどね。ともすればそういうのは束縛系になるんですが(苦笑)部屋に閉じ込められたり…料理したくなっても私の仕事を奪うなと威嚇されたり…(汗)

よく漫画や小説で出てくるじゃないですか。「ご主人様の世話が私の生き甲斐なのです」っていうメイド。あぁいう生き方も良いと思うんですよね。僕に甲斐性があれば(笑)現実にはペットの世話さえ無理そうなので飼えないなというorz

ペット飼う甲斐性も無いのに、ましてや妻や子供なんて無理っすよ…というのが本音かな。僕は少し特殊な例なので世の中の身体と心がまともな人がどうなのかは僕には分からないのですが。僕に甲斐性があればやるのも楽しいと思うのですが現実に甲斐性無しなのでやられる側限定なんですよね。束縛系は厳しいのかもしれない。

でも、この「男性がセックスレスになってるんですよ」っていう統計によると、それって労働が強度過ぎて疲れてエッチな気分になんかならない…とかそういう話らしくて。要するに他人に回せるだけの体力や気力が残らないんでしょうね。食い気より眠気みたいな。哀れだな…。

まぁ、あとはセクハラだのなんだのと女性にガツガツすることに引け目を感じてしまうってのはあるんだろうと思うんですよね。そうしてるうちに、もうなんか面倒だな…みたいな。性欲の年齢別男女差のグラフとか見ていると、男性が女性に興味を失ってから女性が男性に性欲を抱いていくとかね…(苦笑)

僕なんかはもっと女性からアプローチかけて欲しいんですけど、きっと若い内の女性に性的な動機が薄いんですよね。僕から見てるとブランド物のバッグを買うような感覚というか…。友達が付き合ってるから自分も乗り遅れちゃいけない…みたいな。特に処女を捨てる理由が一部そんな感じらしいけど僕(男性)から見るとあんまりな感じで引くかな…。

まぁ確かに高齢で処女っていうのも巫女なのかな…とか思うけどさ。でも30くらいじゃ特に思うことは無いかな。

まぁ男性がウィザードなら女性はウィッチになれても良い。僕はもうなんか童貞がそんなに恥ずかしいことだとは思わないんだけどね。もうあまりにネタにされすぎて使い古されてるからかもしれないんだけど…(苦笑)男性はお金を払えばセックスできる場所があるけど女性にとっては無いというのは確かに多分辛いところだよね。

村上春樹さんへの質問コーナーで、もう一生セックスできないで死んでいくのかと思うと…っていう女性の投書があったらしいんだけど、村上さんは「そういう人生もありますよ」みたいなクールな答え方をしていた気がするんだけど。女性からするとこのリア充め。爆発しろ!ってハンカチを食いしばりそうですが、まぁ、僕もやっぱりそういう人生もあるだろう、と肯定すると思うんですよね。あとその女性がセックスに拘って焦っているのは年齢的に性欲が高まっているからでもあるだろうと。年齢的に子供を残せなくなる頃になると危機感が高まるというかね…。既に子供を残したいのだとしたら割と手遅れなんですが。

歳を重ねて性欲が減退すると今度は「セックスなんてもうどうでも良いかな」って気になるんですよ。「セックスしないで死ぬのは嫌だ」っていうのはあくまでもそういう欲望が強い時期にさしかかっているからこそ考え至ることであって、欲望が無い時期にはそういう気にはならないと思う。女性の身体を見ても情動が反応しないのに行為だけはしたいってことは無い。もしそうだとしたらそれは限定商品を買わ無ければならない気になる心理だろう。

恐らくそういうのは一時的な気持ちでしかない訳です。なので性交しないから損をするとかそういうことは多分無いと思う。痩せたから可愛くなれる訳でも無いように、セックスしたからってリア充になれるわけじゃないんですよ。

当初の結論ですが、男女平等の思想が広まっていく内に、男性は女性側、女性は男性側へ揺れて、都合よく考えている結果として出会いの機会とかが作れ無いんじゃないの?という気がする。

そもそもこの統計で心理士が「女性との関係を作るコストが見合わないと考える」という風なことを言ってるけど、僕は女性の側に、そもそもセッティングよろしく(´・ω・`)ノシって感じだからね…。←こういう人が増えてるんだとすると、そりゃそうなるよね、みたいな。男性が受け身になって、女性も受け身のままだから何もフラグ立たないんですよね、きっと。

昔の価値観の中で生きていた方が女性は気楽だった、というような話をしたけど、そういう理想を持ってる人が今も少なく無いので、自分から動かないんだろうと思うんですよね。その癖、男性側も男女平等でしょ?的な感じで楽な方に流れようとするんで、誰も自分から動こうとしない、みたいな…。

これは一種のクーデレですよね。男女共、誘ってくれるのを待ってるんですよ。きっと。自分が労力を割きたくないので(苦笑)まぁ、すごく憶測に過ぎないですけどね。

で、お見合いとかしてみても基本、自分から動こうとしない質なものだから、そんな人が二人集まっても無意味みたいな。想像ですが。

いや、だって「一方的に助けて貰いたい」と思ってる人同士がくっ付いて上手くいくわけないじゃないですか…(-.-)それなら一人でいた方がマシですよ。こういう人は、どうせなら「私が全部一生なにからなにまで面倒見てあげる。だから一緒にいて」って言う人と一緒になった方が上手く行く可能性は高いと思う。そんな人がいるのか僕は知らないけどね。

なのに妥協して「助け合う」とか多分上手く行かないと思う。「助ける気が無い」という部分にOK貰えないとこの手の人(主に僕)は相手と一緒にいることに苦痛を覚えていくだろうと思う。これが特殊で普通は、家族関係には妥協と協力が必要と思われるだろう、としても。僕なんかは妥協して協力できる気になっちゃダメだと思うんですよ。思うだけで出来ないんだからさ。なら最初から譲れない条件を告げて納得して貰った方が良い。

対等じゃない?平等じゃない?シンメトリーじゃない?って。多分、そういうことに拘るべきじゃないと思うんですよ。問題は「待遇に納得できるかどうか」なので。一緒に住むとしたらそれだけで不満が貯まるようなら向いて無いんですよ。先述しているように僕に甲斐性があれば好きな人の全ての面倒を見てあげるのも吝かでは無いですよ、きっと。それは対等でも平等でもないのかもしれないけど。猫や犬に自分と仕事を半分こしろとか言わないでしょ。伴侶は犬猫では勿論無いです。犬猫を軽視している訳でも無いですけどね。けどここで言いたいのは「自分と同じように苦労を背負わせる必要」がそもそも無いわけで。だから相手が納得するなら全部面倒みたっていいじゃないですか。

その逆に僕が全部面倒を見て貰えるパターンもあって良いはず(笑)勿論、共働きというパターンも有りでしょうけどね。まぁ、残念ながら僕に他人の面倒を見るだけの甲斐性(キャパシティ)は無いと思う。自分の面倒でさえ手が余っているのに。力が伴えばやってみたい気がしないでもない。面白かろうとは思うんですよ。