LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

タブーを犯してしまう心理に関する個人的見立て

・ISに行きたいという心理

 まぁ、僕は心理学を齧っている訳でも無いので、経験から書いているだけなのでもしも読まれる方がいれば悪しからず。「ある小説家は自分で見たことしか信じない」と言うし、諺には「百聞は一見に如かず」という。なので疑問に思えば直接会ってみよう行ってみよう経験してみようという訳です。

 でも、紛争地域やら危険区画に行くというのは「青酸カリを飲むと死ぬ」と言われているのを「百聞は一見に如かずとりあえず飲んでみよう」というのと同じな訳です。僕から言えば。もう少し現実的な話を言うと、原発が誤作動を起こして、周囲20㎞圏内とかに放射能がばら撒かれて危険だから寄るな、と言われたら「じゃあ百聞は一見に如かず」行ってみるか、とはならない訳です。「他人のふり見て我がふり直せ」じゃないけど、過去の香田さんの事件や最近の湯川さん・後藤さんの事件を見て、僕らはあの地域はヤバいなと思って、その時点でそこに行くという選択肢を普通は外す訳です。「人生せっかくだから出来るだけ色々経験しなきゃ」みたいな感覚なのかなーと思うんだけど、別に経験の多寡で人生の幸福が決まる訳では無い、と僕なんかは思います。僕は色々経験したいからと言って拷問やレイプされるのは御免なので…。

 地下鉄サリン事件の例を持ち出して来ても良いでしょう。カルトに現実に不満を抱いた若者が取り込まれて行った事実が既にあります。百聞は一見に如かずと思うなら、特に危険なものは見るべきじゃなくて時間をかけて聞いとくべきです。

 命の大切さを教えるために無修正の遺体の画像を見せた、とか。裁判員が遺体の画像を見せられて気絶したとかいう出来事があったそうですが、前に裁判員PTSDになった人いましたよね…と僕なんかは思う訳だったり。僕も少なくとも気分が悪くなります。というか血液検査で血を見ただけで気分悪くなりますからね。そういう耐性の元から無い人もいるんですよ。慣れで皆が皆何とかなるわけじゃ無い。戦争に行って皆が引き金引ける訳じゃないのと一緒です。

 温故知新じゃないけど「過去の歴史に学びましょうよ」と少し思わなくも無いです。写真の件では「裸足のゲンとかも大概でしたよね…」と言われてますが。やっぱり大概だというので改められたんですけどね…(汗)夢に出てくるレベルだよね。僕的なボーダーラインは「蛍の墓」あたりかな…。

 心理学的に言うと、感覚が麻痺してしまってサイコパスに似た症状を呈したりする、みたいなコメントがあって僕は「さもありなん」と思ったりしました。真偽は確かめて無いけど、従軍した兵士の話とか聞いてると壊れちゃう人の話って少なからず出て来ますからね。命の大切さどころか命を奪うことに無感動になっちゃう可能性もある訳で。

 テロの件で言えば、仮に見せるなら捕まってる写真だけで十分だったんじゃないのかね…。それだけで非日常とか恐怖とか感じるでしょ。まぁ大抵若い人や無知な人が愚を犯すのですが。まぁ、そういうのは繰り返すし無くならないですよね。生まれて来るたびに人間は大なり小なり同じ失敗を繰り返していかなきゃならない訳なので。変わるのは取り巻かれる環境だけですし。道徳教育とか無くして大丈夫なのかな?と思わなくもない。何を学んだか覚えて無い訳だけれど。

・人を殺してみたいという心理

 名大の少女の話だけれど「人を殺してみたかった」という訳ですね。FPSでゾンビでも撃ってればいいのに。ラストオブアスあたりがお薦めですね。規制されてても気持ち悪いくらいだし。例に挙げられてる過去の人の話では猫とか殺して人に移行する訳ですが。僕は昔、体育館の裏で猫の生首とか見たことあるんですが、なんでそういうことするかな…と思いますけどね。僕は公園で猫に餌を与えて寂しさを紛らわせている人の方がまだ心理が推し量れる気がします。これもやっちゃいけないことですが。この名大の少女の心理の説明がエリート意識を拗らせた結果みたいに説明されてましたが、要するにデスノートみたいなものなのだろうか…。自分を特別視し他人を軽視した結果なのかな?独我論的世界観というか。

・物理的に壁を越えてしまえるから越えてしまうという心理

 僕的には高所から身を投げれてしまうだろうな、という感想とか、包丁を使っていて指を切断出来てしまうだろうなという想像とかと似ているのかな、と思いますね。駅のホームで前に並んでいる人を突き飛ばしたらどうなるのかな、とふと思ってホントにやっちゃう、みたいな。確かそういうアニメか漫画があったんです。『異邦人』とかなら確か暑かったからって人殺しちゃうんですよ(苦笑)それはそれでリアルだなと僕は思うんですが。

 こう目の前に女性のお尻や胸があって魅力的だから触っちゃう的な。だって手が届くから。女性の下着が干されていたからとりあえず手を伸ばしたら盗れたから持ち帰るみたいな。友達(?)の首にカッターナイフが届くから刺しちゃった、みたいな。

 とりあえず手が届くからやっちゃうんですよ。うん。だから暑かったから人殺しちゃったんですよね。実際しないけど理解は出来ませんかね。僕は例えば、高所に立って地面を覗きこむと吸い込まれそうになって、下手したら落ちてしまう気がするんですが。

 アメリカの銃の話なんか良い例ですよね。赤ん坊や犬が誤って引き金を引いて銃の所有者が撃ち殺されてしまう。彼らに引き金を引くことを躊躇うだけの想像力(モラル)なんて無いですから。セイフティが掛けられてない状況っていうのが少なからずあって、あとは引き金を引くだけで良いっていう状況があって、引いてしまえる人がいる、ってだけです。スカートの盗撮とかさ(苦笑)

SNSのRethinkの話を書きましたが、あれはセイフティを掛けて思い留まらせるっていう考え方ですよね。本当に実行しますか?って一度聞く訳です。それで止まらない人もいるけど、Rethinkの話じゃ結構思い留まったみたいですね。

 まぁ、これと同じでISへの渡航とか「出来ちゃうからしちゃうんだろうな」と思うんです。だからといって「出来ないようにしろ」という主張ではないですよ。そんなことを言うと包丁やライターなんて買えなくなるから(苦笑)自由が無くなるので。僕が言いたいのは「やれてしまう状況があるからやってしまう」というように、物理的な壁が無いときに精神的な壁も無くなってしまっているような状況のことな訳で。そこに本来あるべきストッパー(歯止め)こそ「モラル」だと思うんだけどね。現実感が喪失するとか、生きている実感が無いとか、きっとそういう何か喪失したもの(?)があって精神的な障壁が無くなると「魔がさして」状況に流されて愚を犯してしまうのだと思うんですよね。で「なんでそんなことをしたのか分からない」と言う訳です。