LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

ロリコンが叩かれるけど

 個人的には「ロリコンの何が悪いのか」と思っている。「子供を守らなければならない」というのとロリコンが悪というのは私の中では結びつかない。「戦争はダメ」というのとミリオタが悪というのと同じである。児童ポルノはダメという風潮は西欧社会に感化された影響、と見るべきで「ロリコンは悪」というのも同様に形成されようとしている世論であるように思える。

 簡単に「悪」を規定すべきではない。ISILの件も「イスラム教=悪」という考えから、関係の無いイスラム教徒が巻き込まれる結果になった。ISILを擁護する気は無いが「悪」だから滅ぼすというのは私からしたら考え方として短絡的だと思う。「悪」を定義しなきゃならないはずなのに、肝心の悪の定義が問われないのは愚かである。

 ロリコンが悪なのではなく子供を身勝手な暴力に晒すことが悪なのだと思う。まぁ、子供で無くても同様だと思うが。余談だが、子供や老人・障害者・女等の弱者ばかりが守られるべきと叫ばれるのも異常である。男性も守られて良い。まぁ、表向き報じられないだけで問題視する人はやはりいるのだろうと思うが。

 性的嗜好は幅広く私もその全てを受け入れられる訳では無い。3歳ほどの幼児を性的対象に見做すのは困難だと思うし他にも色々受け付けないものはある。蟲姦や獣姦など常軌を逸しているとも思う。実際にAVでそういうことをして、女優の心を病ませて自殺に追いやる等の話も聞く。要はそういう性的嗜好というべきか試行というべきなのか分からないが、それを現実でやろうとしてしまう個人の問題なのだろうと思う。

 私的には前に記述したように二次元などでのガス抜きは必要だと思う。タブーほど犯したくなるというどうしようもない人間の心理も存在すると思うし、法規制には限界があり、0にはならない。子供は性的な対象に見られずとも弱者である。基本的に暴力はストレスの捌け口を求めるものだから性的な発散という目的も同時に満たそうと相手を選ぶ傾向もあるのだろうと推測する。

 どちらかというと児童ポルノを際限なく罰するんじゃなく、13歳未満の子供に対する暴力行為の厳罰化をした方が良い気がする。というか考えても普通そちらが先だと思うのだが…。これはあくまで極論だがアイアンメイデンや馬で股割き等の陰惨な死刑にでもしてしまえば無知蒙昧な輩以外は早々に手は出せなくなるだろう。私は死刑廃止論者だが(-.-)

 子供の裸の写真の拡散は常識的に論外だろうと思われる。リベンジポルノも問題になっているから大人でも個人の許可なくそういった写真を流布することは権利の侵害にあたるだろうし、子供は本人が良いと言おうが、一般的に自己責任能力に欠ける。まぁ、大人でさえそういう人はいるが。「当人の許可を得た」といっても無効とせざるを得ないんじゃないだろうか。

 ジュニアアイドルにしても、あぁいうのは親の自己実現なり金稼ぎの道具にされているんじゃないか、と思える。親の許可もまたあてにはならない。子供を保護できない保護者なんてのは普通にいるだろう。親が子供の裸を売って稼ごうとしたら子供を守ることは出来ない。そういう汚い大人は一定数いるからこそ「実在する子供を法的に守らなければならない」という主張なら私は首肯できる。そもそも小学生くらいのジュニアアイドルというのは児童労働じゃないのだろうか…と疑問なのだが…。

 ただア〇〇スさんがやってるらしい児童ポルノは犯罪ですみたいな運動は正直胡散臭い。「ロリコンは死ね」と言っておきながら自分は「子供が大好きです」と言っている時点で気持ち悪い。児童犯罪は女児を狙うのが一般的なようだが、逆Verも勿論あるし、報道されているはずなので。そもそも「子供が大好きです」と公言する時点で気持ち悪いです。

 実在の子供を見てるなら、私は「子供が好き」とは口が裂けても言えない気がする。私は犬や猫が好きだが全部が好きな訳では無い。単純に言えば「乱暴な子は嫌い」である。子供の中には「好きになれそうもない子」もいるのが実際だろう、と。だから人間が好きだとか大人が好きだとか子供が好きだとか、そういう言葉を吐く人を私は言葉を慎重に扱って無いんだな~と思う。

 私からするとJC・JK・JDとか、その手の言葉に踊らされて買春する人間も結局、記号に踊らされてるんだろうと思う。子供が欲しいという人間も同じ。処女厨や、結婚したいという人間も同じである。実は表面も中身も見ないのではないだろうか。会ってから判断する、みたいな。ロリコンじゃ会ったらもうアウトだろうに。日本人はかなり記号好きである。制服とかが好きである。偏見かもしれないが。女子中学生は皆、砂糖で出来てると思っている輩がいないとも限らない。

 私はロリコンを自称してもいいが好みには煩い。漫画家によっては読み飛ばす。展開によっても読み飛ばす。ロリなら何でも良いわけでは無い。古い言葉だが萌える要素が必要である。萌えないロリに価値は無い。J何だろうが自分の眼鏡に適わなければ興味は無い。Jなんとかに普遍的価値などはありはしない。買春するような子供を私は可哀想だと思うだろう。どんな環境で育ったのか知らないが、そういう子供を私は多分好きにならない。買う方の人間性も知れる。そういう恐らくは不幸な子供もひっくるめて「大好き」で守りたいと思うかというと私はそうは思わない。

 要するに別に私は「子供が大好き」ではない…ということだ。特定の記号的なロリを愛好しているのであって、ロリなら何でも良いわけでは無い。ある意味では「特定の作家の愛好家なのだ」というべきなのかもしれない。そういうロリコンを排除するのは違うと思うが、ロリコンが言っても説得力が無いのだろう。

 「子供が大好き」だから子供の権利を守らなければならない、と主張する人を私は嫌う。その理由に共感なり納得できないからである。例えば未成年で世論的に許されない凶悪犯罪を犯した子供でもア〇〇スさんは「私は子供が大好き」で救いたいと言えるのだろうか。私は無理である。納得するには別の理屈を持ってこなければならない。

 酒鬼薔薇さん何かは周りの大人が更生させると息巻いて、結局は中途半端に放り投げたらしい。ハッキングで他人に罪を擦り付けていた青年も周りの大人の信じ方は割と強引だった。「善性を信じよう」とか、そういうのはちょっとアレだと思う。もうちょっと違うところに、その人間を保護する必要性の根拠を持ってこないと辛い。後者の件なんかは信じていたのに裏切られて…と言って憎悪に転じるんじゃないかと思う。その後彼らがどう思ったのか私は一切知らないけど。

 すべての人間が善になり得るから保護するということの根拠は無い。そして、更生し得るという根拠もやはり無いと思う。その場合、彼らをなぜ保護するのかという別の論拠が必要になる訳である。まぁ、子供の話であれば、それは彼らが社会の重要な資源だからに他ならないだろう。子供の質の水準をあげていかないと困るのは国である。国が困るということは、そこに住む国民も困ることになる。だから子供を重要視するのだろうと思うのだが…。