LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

国親という思想と少年法

新聞に載っていた話ですが、少年法で少年が守られるのは国親という思想に基づくんだそうです。

子供をまともに育てられなかった環境の代わりに国が親として責任を持って掬い上げ育てようと。なので罪の重さは関係無く、彼らは生まれに恵まれなかった子供であり、救済されなければならない。

まぁ、そういうのが少年法の前提なんだよ、という話です。理屈も理解できるし、高い理想ですよね。理想だからこそ、現実に救うのは不可能なんじゃないかと思われてしまうわけですが。最近話題になっている某少年もwikiでは専門家が匙を投げるようにして、教育を終えたような書き方になってますし。

絶歌という厨二っぽいタイトルの本が出版されましたが、出版した理由も「自己救済のため」なんていうのは、ちょっと言い訳がましい。それならメモ帳にでもしたためてPCに死ぬまで保存しとけ、という話で。自己省察するために書くのに出版という過程は必要無いです。殆どの人は自己救済のために出版するなんて行為もそこから利益を汲み上げる機会も得られない訳ですし。

センセーショナルな事件を犯したことによる特典みたいになるのは僕は得られる利益より不利益の方が大きいと思う。バカッターや(一部の)ニコ生主みたいなもので花より団子と思って実益ばかり汲み取って、合法だから誰に非難される謂れも無いという人が増えるのは僕は嫌だな、と思うので。実際、それで逮捕される人も出る訳だし。

合法だからコミケで地面に寝そべってパンチラ撮ってる恥知らずなオジサンとかさ…。そういうことやってると何時か違法ってことにされて自分らの首を絞めるだけだろうに。

あまり仁義って言葉は使いたくないですが、その人の行為で迷惑を蒙る配慮されるべき関係者っていると思うので。他人に迷惑かけることって罪ですよ。許されるかどうかは罪のレベルの問題です。迷惑のレベル次第で法的に罰されるようになっていくだけで。今回のことでいうなら被害者遺族を攻撃してるようなものな訳だし…。僕の知る限りでは遺族の一方は出版に理解を示しているようですが…。

出版で得られる利益が問題になり、犯罪を犯した人間が得をしちゃいけない、という世相ですが、まぁ、実際「原稿料だけしか受け取れない」など、犯罪を犯すことがメリットになり得ないようにしなきゃダメだろうと思います。「少年院帰りが勲章にされる」みたいな話で。

犯罪を犯してしまった人が後年書くことで少しの利益を得られる、程度なら問題無いのでしょう。問題は犯罪を犯さない場合と比べて利益が勝つように見えてしまうことであって。報酬が無ければ動機が無くなり、事件の資料が集まらないというなら、犯罪を犯した方がメリットになるようにせず、かつ、仕事に対する報酬を支払う、という風にすれば良いだけで。

現状「仕事をした分すら利益を得るのは許せない」と紛糾する人も多いように見受けられるので。犯罪者の手記も世の中には必要という理屈に対して、犯罪者自身出版することのモチベーションが得られなければ書かないだろう、という話になるので。それは困るという話があるわけですよね。

それに対して、犯罪を犯す>犯罪を犯さない、となるのがダメな訳で。出版の利益があっても当然のように、犯罪を犯さなかった人>犯罪を犯した人、となるべきだ、と。まぁ、そりゃそうですよね…。あくまでも、犯罪を犯した方が得するんじゃ…、という状況に「それは間違っている」と言いたいはずな訳で。

生活保護者に対する不満も似たようなものですが、まぁ、それはワーキングプアの問題だと思います;働いても食うだけで精いっぱいか、それすらできないって労使関係がおかしい訳で…。

ベーシックインカム(基本的給付)という考え方がありますが、この世界観では、最低限の生活費を万人にまず保証して、その上で贅沢がしたい人は働いて賃金を得れば良い、というものがあります。この世界観の上なら生活保護受給者も叩かれないんでしょうね…(そもそもみんな生活が保証されてるので)

毎日働いて、やっと生活保護者と同水準のお金を得られるという労働環境生活保護受給者への不満を募らせている訳で。ワーキングプア自体が歪だから直せという発想は出てこないんですかね…。僕はそれを奴隷根性だと思いますが…。上には噛み付け無い(クビになるし)けど下には噛み付ける(刃向わないから)んですよね。そういうのを日本の縦社会の癌だと思いますが。派遣法の改正とか雇用主側に都合が良くなり被雇用者側の都合が悪くなる法律ばかり通させているようじゃ、生活保護叩きが沈静化するはずもない。叩くとこ間違ってますけどね。勿論、不当に受給しているとかはダメですが。

ある記事によれば派遣社員の派遣料の50%を派遣会社が貰っているケースが多くあるらしい。これは違法で本来は20%までに法律で定められているらしい。だから派遣労働者はあと30%給料を貰えるはずで…という話。生活保護受給者を叩くより、そういう部分をもっと叩いたら自分の生活の質も上がるんじゃないのかな…と思いますが。

生活保護受給者を皆殺しにしても、次は自分たち(バイトや派遣労働者)が最底辺になるだけなのに、彼らは率先して自らそういうことをやりたがる…とか。まぁ、一部の人なんでしょうけどね。

体育会系社会でよく見られる気がするんですが、先輩後輩関係ってのが、そういう風になっていて、先輩に虐められたから、自分が先輩になった時に後輩をイジメて良いんだ、って学習される場合が、昔はもっと多かった気がします。今でもいじめの事件等でそういう体質がチラホラ見える感じですが。それが縦社会の構造的な問題点かな、と思ったり。長いものには巻かれて、弱者はみんなで袋叩きにする(仲間外れになる/ストレスたまるから)…という。