読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

常にハイテンションではいられない

こう…常にハイテンションなのが良いことで、そうじゃなくて楽しく無い、暇、退屈に耐えられない、それは悪いことで常にハッピーじゃなきゃ嘘だ、みたいな人って良くTVとかで見るけど、そういうのを真に受けて自己投影しない方が良いと思うんですよね。

芸能人は夢を売る仕事だから、と言って「理想」だという虚構を売って、真似をする人が出て問題化すると思うんですが…。モデルとか。北欧でモデルが拒食症になって問題になったけど、TVや雑誌の影響でフォトショップ加工で作られたような虚像を目指しちゃう人が少なからずいると思うんですよね。

で、常に明るく天真爛漫な性格とか、そういうテンプレを本当になれるものとして自らをフィットさせちゃおうという人がいる気がするんだけども…その結果って上手くいかないと思うんですよね。人間の気持ちなんて常に上下動してるもんなので、それを矯正しちゃうと壊れちゃいますよ、と私は思うので。

交流関係の偏りとかで、どうも俗的な対人関係を経験しなかったのか学習しなかったのか、そういう人にたまにある誤解のような気がする。発達障害者にもありがちなので気を付けて欲しいですが。SST(社会化訓練)みたいのをやらされて、妙に畏まったテンプレな挙動をとる発達障害者っていますが、そういう対応の仕方を普段の生き方にも取り入れちゃうとおかしなことになっちゃうんじゃないかなーと思ったり…。

コンビニ的な。一字一句マニュアルに書かれた同じ対応する訳です。それが正解だと思ってる訳で。そう習ったから。そう言ってたから。そうするわけです。コンビニじゃそれで良いかもしれないですけどね。同じ職場の同僚とかの関係でそれをやられると凄い違和感を感じる訳です。控え目に妙に礼儀正しいとか言われるけど、実際、ぶっちゃけ気持ち悪いという…。

こう…座右の銘とか決めたら、それに則して無いとダメ的な。実際、僕らってそう思う気がするんですが…。座右の銘を本気にしなきゃいけないものとして何か意気ごんじゃうんですよ。そういう融通の利かない考え方の類の中に常に同じ調子(テンション)でなきゃダメみたいなルールがあるのか、分からないんですが…。

まぁ、普通の人の中でもそういう人がいて、一人でいる時の自分に耐えられないみたいな話をする訳です。要は陽気にお喋りしてない自分に居心地の悪さを感じるのか、これは自分じゃないと思うのかしれませんが。でも、そういう調子の移行は当たり前のことだと考えた方が良いという話です。

ペルソナを付け替えると言いますが、発達障害者にとっては、このことが難しい訳ですが。一般の人は恐らく自然に受け入れられる人が大半なんだと思うんですよね。僕らは裏表無いと言われますが、裏表があるのが普通で、それを当たり前に受け入れちゃうのが更に言うと(恐らく)普通です。エヴァ関連のアダルトチルドレンの話でプライベートな私が本当の私なんだというような話がありましたが、多分成長の過程で、上手く振る舞うことを覚えてしまえるのが普通なんだと思う。慣れて。

だから、地方の家族との電話で方言に切り替えて自然に話せるとか、そういう器用な真似ができるんだろうな、と。私にはそういう切り替えは出来ないので。そういう上手く切り替えられない人が、抱える問題なんだろうと思うんですが。一個のやり方に固執しようとする…というか。一つの解法で全てが上手く行く的な道具が欲しいみたいな。

実際、SSTなんかは、私の知る部分では、そんな感じで。でもそれって傍から見てたら気持ち悪いね、っていう。まぁ、それで普通じゃない人なんだなーとか分かるんで空気読んで貰えるんだけど、そういう読んで貰えたことは多分伝わっちゃうんで、気持ち的には辛いような気がするんですよね。気付けないレベルの人もいるんだろうけど。

知的障害になると気付けないので心的には楽だとか言いますが。発達障害者になると機微に気付ける人もいるので、その微妙な空気を作り上げたことに対してダメージを負ったりするような気がする訳で。

一般の人はケースバイケースで表現を変えて、自然にその場その場の会話が出来たりするんでしょうが、私らには難しいので、そういうのも相俟ってキャラ作ったりとか不器用な妙な真似をして失敗するのかなぁとか思ったり…。自然体とか言われても、そもそも自然な状態で適応できない訳ですし(-.-)そんな訳で上手く行くようにという考えが上手く行かずに迷走してくんじゃないだろうか…。

『Re.ゼロから始める異世界生活』のスバル君とかそんな感じだなぁと思ったり。人との付き合い方が分からなくなって、只管目立つことをし続けようとして周りから人が去っていって孤立するんですよ。確か。それは親が一角の人物だったプレッシャーが原因みたいだったんだけども。一目置かれたいとか、目を掛けて欲しいとか、顧みられたい気持ちから何か行動を起こすんだけど、頓珍漢な方向に行って道を誤るのかなぁ。だから普通の人でも環境次第でおかしくなったりするのかもしれない。