LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

夢の話

眠りが浅いと人は夢を見る。今日のような暑い日は特に寝苦しく、妙な夢を何度も見る。

夢は夢と疑わせることは少なく、現実感を伴う。金縛りが良い例である。何かが高じると夢遊病のように、身体を動かしてしまうのではないかと思う。そうした機能は認知症とも関係するのだろうか。

私は碌な夢を見ないから、碌な幻想を見ないだろう。