読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

本好き 感想 離別

ちょっと、駆け足で書いてる感じですね。「目が虹色ですよ!」というセリフが誰のものなのかわからない…。

たぶん、ハルトムート?じゃ、言いふらしますよね|д゚)

その場にいる人たちの反応も分からないですね。見送りローゼマインだけじゃないのだけど…。

ヴィル兄、領主、騎士団長とか空気…一行も無いんですが!

地の文が少ないですし、ちょっと不満。書籍版で書き足せばいいか…ってことなのだろうか…。

5章のタイトルは女神の化身ですが、やっぱメスティオノーラかなって思ったり。

となると、中央神殿が出てくるんでしょうね…。例の聖典原理主義の人たちが…。

領地対抗戦で表彰されるのだろうし、そこで王に謁見するんだろうな…。

まぁ、当然やらかしますよね。マインにとって地雷とは踏むためにあるのだから…|д゚)

ローゼマインの祝福は見送り組全員に目撃されてるなら、あとで説教部屋行きだろうし、騎士団が随行してるなら、緘口令も意味なしか…。その結果、祝福の噂が広まった状態から5部はスタートするのかな??

ちなみに次回コルネリウスの閑話らしいですが、個人的に次期、騎士団長がコルネリウスになるんじゃないかと思ったり。

ヴィル兄の護衛騎士のランプレヒトの可能性もあるけど、描写的に騎士団長を超えた魔力→マインから必殺技のコツ伝授されてるので、コルネリウスなんじゃないかな、と思ったり。ランプレヒトは描写が少ない気がする。

神官長が死ぬとかエックハルトが死ぬとか予想されたりしますが、ローゼマインの周囲の重要人物は誰も死なないと思う。

物語的に。今まで読んできた部分でも味方側で誰も死んでないし悪役っぽい悪役しか殺さない物語だと思う。

それを非難する人もいるけど、子供の読者も読めるように書いてるんじゃないかなーと思ったり。

まぁ、アーレンスバッハに行く3人には生存フラグ立ったと思うけど。でないと祝福の価値が出ないし|д゚)

まぁ、一時的に雲隠れしたりする気もするけど。

個人的に好きではないけど、トラウゴットあたりは更生するんじゃないかと思ったりする。

ただマインは当初見放してたので読者としても見放してるところがあるというか…。

「ダームエルを馬鹿にするやつなんて大っ嫌いだ!」という理由で|д゚)

アンゲリカなんかは読み直すと同じくらい酷いというか、強さを求める割にローゼマインに忠誠を誓う理由が見えないので、彼女視点の話がほしいですが。ダームエルも同じ。自己保身以上の忠誠の理由が読み取れないから、ダームエル視点もほしかったりする。

マントに刺繍→インクとか、ちょっと違うけど、花嫁が贈るものっぽいもの贈っちゃってるし、

そういうフラグと見ていいのだろうか…。

刺繍じゃないし違うよね、とか…神官長の花嫁になる人頑張って…(ブーメラン)

ってスルーしてるのは地雷踏んでるようにしか見えません(希望

個人的には神官長の館に何があるのか気になります…。魔術関係の本が多そうだから、そういう知識を溜め込むフラグなのかな、とか。

・・

神官長はディートリンデに嫁いだのかな?でも、子供はできないと思う。魔力差開き過ぎてて(´・ω・`)

マインには「馬鹿魔力め」と言っている割に、その時点ではフェルディナンドの方が魔力多いって書いてますし、

要するにフェルディナンドも領主一族以上の馬鹿魔力なので…

祝福2重で貰ってたりとマインに釣り合わせるためじゃないかなーと。

エーレンフェスト組は圧縮法で魔力底上げしてるし、例えばジルとゲオの魔力差は当然開いているはずなので、

ジルの方が魔力量多いですし。ゲオの娘のディートリンデはジル(圧縮前)以下の魔力だと思う。まぁ、どの程度の差があると子が為せないのかわからないし、一応ディートリンデも領主一族なので子を為せる範囲なのかもしれないが。まぁ子が為せないと確信は持てる描写は無いですね…。

ただ個人的には魔力量的に絶対に子が為せないからそもそも子作りしない、とかいう形で回避するのもいいかも、と思う。ディートリンデがフェルディナンドを蔑視して子供を作らない、とかでも良いような気もするが…。まぁ、子作りしちゃうとマインの相手役から外れちゃうと思うので。

・・

閑話の感想

コル兄視点だと、ローゼマイン・神官長loveって感じみたいですね。祝福は隠ぺいできてるらしい…。図書室通いより、フェルディナンドとの連絡を優先してるあたり、現在、神官長or図書館>図書室っぽい。本当に大切なものは置いていけ、という命令からフェルディナンドの館に大切なものがあるのか、ローゼマインが大切なのか。前者っぽいけど。連れてく選択肢が見えないし(´・ω・`)

コル兄はヴィルが不憫だと言っていたが、ヴィルは結婚について

「家族・兄妹という関係と変わらないのだろう?」と考えていたので、あまり気にしてない気がする。彼は鈍感力が凄いので。まぁ、その辺で思春期になって嫉妬して、マインが神官長優先な自分の気持ちに気づけば良いと思います…。多分、マインもフェルディナンドも無自覚なので…。マインはヴィルとは政略結婚だと思ってると思うし|д゚)コル兄とレオノーレは恋愛結婚だから違うしな…。まぁ、マインさんはお守り取られたらキレそうです(期待)

その辺が家族枠と恋人?枠で違いが書けるといいですね。トゥーリの髪飾り壊されてもキレそうだし…。自分にすべてをくれた人と言ってる時点でぶっちぎりな気もするんだけど…。まぁ、神官長ルートだと私が確信したいだけなんですけど…。遠距離恋愛で手紙でイチャイチャする→マイン成長する(美少女)→フェルディナンド「ドキッ!」という展開だと予想。

神官長マジヒロイン…。

なんか図書館と神官長との文通で、ヒルシュールとライムントのとこに入り浸るんですかね…。

師匠の師匠に教えを請うてパワーアップ、ルートなのか…。ヒルシュールのいいところが見られるだろうか…。

ハルトムートがちゃんと自分を客観視できてることに笑った(´・ω・`)なら大丈夫そうだな…と思ったり。コル兄のセリフから、ハルトムート=マイン教信者というのは側近の共通見解っぽいな…と思ったり。

今回の閑話は力入ってて面白かったです。

・・

神官長について

父親は不明。母親は砂糖の国の姫。姫は中央に捧げられて来たので、父親は王族なのかな。要するに、王族x王族の組み合わせで、王家の血が濃い。7歳だか8歳だかの洗礼式まで中央で育つ→エーレンフェストに来る→領主母に虐められる→周囲は敵ばかり→人間不信という流れだろう。伝統的に洗礼式前に殺されているはずだった。

おそらく前・アウブエーレンフェスト以外出自を知るものはいない。ジルヴェスターも王族だと知らないし、領主母も知らないだろう…。

→要するに王の資格持ちなのだろう。薄い金色の瞳と本文ではたびたび出るが、これは全属性で魔力量が多い、ということを意味する気がする。エーレンフェストの周りで誰一人疑問に思わないのは謎だが(苦笑)貢物として姫が贈られてくるということは、ユルゲン?(この国)は中国みたいなものなのかもしれない。

まぁ、要は他国に比べても権威が強いのかも。

ちなみに、現、中央の王は臣下として育てられた中級貴族?らしい。神官長が婿になることになったのはローゼマインのせいと言われているが、フェルディナンドがアダルジーザの実だと気づき報告した中央の騎士団長のせいかもしれない…。

ちなみに、神官長が婿に行くディートリンデは中級貴族の娘、と書かれているが。身分的につり合わないと書かれているし、魔力量的にそもそも子供は出来ないと予想(´・ω・`)

ヒルデブラントは中央の現王の血筋。要は政変で王となった王の息子なので王族としての血は薄い。もしかすると現王族関係はみんな魔力的には他領の領主レベルだと思ってもいいのかもしれない…。政変で途絶えてるので。だから、マインさんとは釣り合わない。ヒルデブラントも王子だから…って期待されてますが、魔力量的に釣り合うのがフェルディナンドしかいないし、この人隠れ王族ですよ!って押されてる以上、下克上する上で美味しすぎるんですよね。逆にスルーすると、アダルジーザ関係の設定あまり要らなくなりますし。貴族編で丸々絡んでるので、期待させといて落とすには高価過ぎる釣り針です…。アバン先生的なキャラという考えもできますけどね。

活動報告でフェルディナンドの閑話?SSが決まったそうですが、作者もいうように、書かない方がいいかな、と私も思います。心情が分かるとネタバレになる可能性が高いですし、謎解き小説で事前に種明かしするようなものというか…。興醒めと思う他のユーザーに配慮を…。ちょっと投票者にミーハーな人が多すぎますね。妙な身内乗りで作者を巻き込むと作品を詰まらなくさせると思いますよ。本を買って辛抱できずに最初から結末見ちゃうタイプだと思う…。

私的には閑話やるならジルヴェスターやカルステッドあたりが面白いと思うんですが。リヒャルダとか。アーレンスバッハ組がみたいのならエックハルトあたりにするとか、主役級の人物からは離れた方が面白いと思う。まぁ、それでユストクスの閑話が決定しているんだろうけど、なら余計フェルディナンドいらないですよね…。フェルディナンド好きが多いのは結構ですが、希望書く人たちの多くは小説の何たるかがわかってないですね!(ぁ

その結果、与える影響について考慮してない…というかね。最近も北見の市長?が自殺したとか、電気柵で親戚殺しちゃって自殺したとか…あるじゃないですか。なろうの感想もね、作者に与える影響を考慮せずに書く人が多いんですよね(´・ω・`)非難する言葉がダメでも批判以外なら何を書いても良いと思う人もいます。けど、それは考えが浅いです。例えば、作品の結末を予想して感想欄に書くことで、作者が思う展開を潰してる人も散見されますしね。「死ね」と言わなければいいんでしょ?みたいなのは本質を考えてないんですね。なぜ禁止されるワードがあるのか、というと、それが相手に与える影響が推奨されないからでしょ?と。

・・

なろうの感想欄に書いたら間違いなく作者は目にするので。その人がどれだけ取るに足らない人であっても。その影響を作者が、作者じゃなくても相手が受けることを意識して書くなり言うなりするべき、ということはマナーだと思うので…。その辺が分からないレベルの人が多い。そういうのは生まれながらにして分ってることだとは思わないので生きてく内に気づくしか無いと思うんですけどね。だからいちいち書いてみる訳ですけど。

多いとか少ないとか言いますけど、人口の数%くらいは頭おかしい(ぁ 

と思うので、ネットで中傷する人が完全にいなくなったりする訳も無いですし、言っても意味が分からないという人はいるので、ある程度、遭遇する可能性が消せないですけど。実際、この私が書いてる文章自体が「頭がおかしく」て発信してしまってるという可能性もあるわけです。私にはわかりません。ただこれは明らかにマイノリティな人が書いてるブログですので。母数が多いと多く見えるんですよね…。実際には全体の数%でも。そういう生まれながらの視野狭窄の認知が井の中の蛙大海を知らずというのに繋がるわけですね。

無自覚に悪いことをやってる人もいますからね(´・ω・`)というか無自覚な人は多いですよね、きっと…。無知が悪だといわれることはとっても多いですしね。まぁ、人間は無知であることと格闘しなきゃならないですよね…。何が言いたいのやら。

・・

まぁ、このブログでも展開予想とか書いてますけど…|д゚)言い訳させてもらうと、こんなマイナーなブログまで検索する作者はいないと思う。いたら「戯言なので気にしないで!」と言いたい(ぁ

いや、こないだ本好き関連で検索したらワードで割と上位にきて焦ったんですけど…。自分のブログ記事なんて上位に出てくることを期待して無かったよ…orz

このブログはもっとネットの小宇宙の奥深くに埋もれていてくれていいんです。

ユストクス視点から見た神官長を語ってもらえるだろうのに、神官長視点をやっちゃうとユストクスいらない子になるでしょ…。