LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

カラフル

カラフル(映画) アニメ レビュー

真という少年の再生の物語、と言ったところ。

真は自殺するが、天使プラプラに猶予を与えられる。その間悩み続ける。

真の自殺の原因は、母親の不倫と、ひろか、という片思いの少女の援助交際

そして孤立。

唱子というキョドキョドした女の子が出てくる。

いじめられて、いじめが終わり、今は透明な存在。真と同類だという。

真はそうしたアンモラルな現実に耐えきれず自殺する。

ひろかは欲しいものが沢山あって援助交際をした。

けれど、そんな自分は頭がオカシイ、という。手に絵の具を持っていて、真の絵を汚そうとしていた。

黒の絵の具だった。時々、何かを壊したくなる。二日に一度は死にたくなる。

真はひろかに頭がオカシイのは普通だという。みんなそんなもんだ、と。

世の中には色んなカラーがあって多様なのだから、それでいいと。

ただ死ぬのはダメだ。

真の母は、不倫していた。祖母とうまくいかず、見送った後だった。

ストレスに耐えきれず過ちを犯した。真は許せないと思い、母を糾弾し、反発していた。

そんな折に父が真を釣りに誘った。母のことを話し、母さんもう限界だ、と言った。

早乙女という友達と出かけるようになり、話て真の鬱屈した気持ちも解けてきたみたいだ。

勉強して同じ高校に行くのだと将来に努力するようになった。

ある日、話があると言われて食卓へ行くと、母が学校のパンフレットを真へ渡した。

考えてみて欲しいと。けれど真は早乙女と同じ学校に行き、普通の生活がしたいと泣いて訴えた。

みんな分かってくれた。

食事をとる。母の料理はそれまで一口も口にしなかった。けれど、今日は食べた。

母はそのことが嬉しくて涙した。

早乙女と自転車に乗っていく。上着は母が買ってきたやつだった。

許す気になったみたい。

唱子に絵を描くよ、と言って屋上へ行くと、プラプラがいた。試練成功おつかれさま。

プラプラは試練を越えられなかった魂だという。真は言った。僕を僕が殺したことが罪。

ずっと描いてこなかった絵の中に天使を描いた。

良い映画だったと思う。弱者に焦点を当てている。ひろかを受容する気になった前進は大きい。

ちょっと悟ってたけど。真の器はかなりでかく見えました…。

援助交際も不倫も汚い行為だが、何れも自身の傷を埋めるための代償行為だったのではないか。

その仕方ない罪を彼は許した。

さて、自死は罪である、という話だったのだが、私はそうは思わない。