読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

永遠の日常という文脈をどう思うか

雑感

悟り世代、のような感じで、日本では成長が止まっても、殆どの人はそれなりに生活していける。

QOLが重視される。仕事は労働時間と心理的ストレスがチェックされ、長時間労働は規制されていく。

非正規社員の立場自体は保障が増え向上していくだろう。そういう意味で働きやすくはなっていくはずだ。

だから、普通の人はそういう生活に慣れて続けていける人が増えるんじゃないだろうか。

生活自体は自己満足的な内向的なものに向かいやすくなる気はするが…。

努力しても報われない社会なら、望むのは慣れた作業の現状維持的な生活だろう。

いずれにしても、他人を蹴落として上へ行くんだ、というより、

仕事の、生活の苦痛を軽減していきたい、という方向への流れなんじゃないだろうか。

ある意味では高度経済成長で取りこぼしてきた労働環境に対する改善意識が強くなる気がする。

現状でも個人の幸福を志向する人が多いが、基本的にそれはマイルドヤンキー的な地域的な範囲かもしれない。

帰属する社会の居心地が良くなることが個人にとっても大切なことだと思う。家庭なりオフィスなり。

非正規化して流動化し、努力自体がそれほど意味を持たない社会なら、

それこそ働き心地が良くない会社から人は離れるだろう。しがみ付く意味が無いから。

再就職し難い現状では見通せない先の話だが、非正規労働の社会保障を拡張していくなら、

意地でも居続けようとする意識は低くなるのでは。

コミュニケーション能力や能力に特に大きく支障が無ければ、

一戸建て、結婚、子供とか一億層中流時代の普通の幸せを望まなければ独身で適当に暮らしていけると思う。

平均的な普通の人はね。

まぁ、対等な女性と給料を持ち寄って暮らすとして…義務教育から大学までの教育無償化位は社会保障しないと、

ほんと結婚する人は少なくなるだろう^^;子供を持つことが経済的負担と大きなリスクになるようではダメですね…。

正社員が減って終身雇用が破壊されたのに昔の理屈を当てはめて何故若者は結婚しないのか、と言ってるようではダメですね^^;将来設計できない時代なので、そんな心配を個人がしなくて済むようにしないと…。先を見越す賢明な人ほど何時首を切られるかわからない状態で結婚には踏み切れない。

まぁ、私みたいな昔から社会的排除の真っただ中にいたような障害者枠の人は、そういう話にすら入れないんですが(´・ω・`)うぅサンクチュアリが見える。普通なんて、幻想ですよ。幻想。友達も親友も幻想。ファンタジーですよ。

探したら分かり合える人がいるという多分、一般的にあり触れた希望ですら却下される現実…。日本社会が今後長く経済成長しないから云々よりコミュニケーション上の希望が永遠に無いのが何よりの絶望ですよ。何時の時代に生まれても最悪の中のどの辺に自分が位置するかの違いくらいなので^^;

勿論、コミュニケーションの障害は最悪の一つであって、全てじゃ無いことは承知してるんですが。ちょろっと調べると、子供が発達障害で親が「お願いだから子供を殺してください」なんて書いてる。親に「こいつ死ねば良いのに」とか望まれるというね^^;ホントね。それっていじめられっ子の肩を持ったら自分もいじめられた、という話で。要は、自分と関わる他人も同じような社会的障壁に曝させることになるんですよね。親にとって子供は外付けHDDみたいなもんなので切り離せば楽になれるんですよ。子供は障害を切り離せない訳ですが。だから、殺してよ、と。健常者側の差別されない楽だった現実に戻りたいし、実際、捨てれば簡単に戻れるので。

障害者自身としては、自分がお荷物だという能力的現実とそう言われるのが理不尽だという道義的現実とに挟まれるんですよね。無能力であること。能力が無いということを盾に取るのは本人からしても苦しいことなんですよね。無駄飯食いは死ねと言われて反論するのは難しいし、私なんか死ねば良いのにと思う人は多いですよね。けど人道的に自分が生きていていいと主張すべきだと思ってしがみ付いて生きてるというか。こういっちゃなんだけど、あっさり死んだら社会のためにならないと思うんですよね(苦笑)厚かましいと思うけど。難民問題みてると自分のことみたいに思える。ハンガリーがあっち行け、と言い、ドイツが頬を引きつらせて歓迎する、というね。

私だったら「じゃあいいよ。死ねばいいんだろ!」って思うんですよね。勝手に産んで勝手に虐めて勝手に死ねというんだな!と。じゃあ、私はその反抗心の感情の赴くままに死ねば良いのかな?と。主に死にたくない気持ちから生に取り縋り、嫌な顔をされているのがわかっていても内心心苦しく思いながらしがみつく訳なんですが。死ぬのは怖いので。その状況が嫌になって尊厳から死ぬ人もいると思う。そういう意味で安楽死尊厳死は現実的に必要。それがダメというのは実現されない人道主義の行き渡った理想社会からみて死んじゃいけないと押しとどめられてるわけでしょ?

実際には首吊ったり、ナイフで切ったり、投身自殺したり、轢死したり、ガス自殺せざるを得ない状況に追い込まれていて救われもしない現実があって、しかも殆ど放置プレイで社会福祉の拡張も目途が立たずやる気があるのかどうかも定かでなく、にも拘らず、安楽死尊厳死もさせないわ、という状況は正直「地獄かな」と私は思う…。私からみるとそれでこころが耐えられなくて狂うのは至って普通だったり…。寧ろ、私はよく(まだ)狂わないなと思う(ぁ 正直、きっと当人からするとこれだけ追い込んでいて犯罪犯すなっていう方が無理っていうことが多いんじゃないかなって^^;

それで自分を殺すタイプと相手を殺すタイプがあるんじゃないかな。私は多分、前者ですが。

まぁ、そういう状況っていうのが、発達障害だけじゃなく、社会的排除を構造的に社会から受けてる弱者全般にみられる状況のような気がする。メジャーなのは老人とかですけどね。例えば黒人社会とか、聞く感じでは、そういう構造的蟻地獄感なんで。

更に言うと能力的に生産性が無くても人権を主張できる空気が必要なんですよね^^;あと自分と同じコミュニケーション能力とか求めないで欲しいですね。コミュニケーションの障害だと言ってるのになぜナチュラルに話しかけられると思っているのか…。もうね。「あー、うー、あー」とかそれらしい演技が必要なのかな…と思うくらい。

これは難民でいう「言葉の壁」だと思って欲しいんだけど。彼らも「国に帰れ」って言われるんでしょうけど、発達障害の国なんて無いので。シリアの人も生きてる間に戻れる治安に回復する未来が見えてこないですけどね…。私は精神病院に他の精神疾患の患者と一緒に閉じ込められれば良いんですかね。それはまた別の地獄ですが^^;同類でも更に言葉通じませんよ。ちなみに精神疾患発達障害は違うんですが。それよりは地域で一人で孤独に暮らさせてよ、って思うわけで。社会参加とか遠慮しとくので。

こないだも障害者虐待ニュースになってましたよ^^;企業に採用義務化して内容は放置。ゆとり教育的なやつですね。そして準備したからピラニアのいる川に飛び込めって言ってるんですよね。わかります。だが断る。まぁ、それが引きこもりの精神ですよね。鮫のいる海にサーフィンしに行く気とか無いんですよ。自分にはそういうの向いてないと思う(ぁ

その辺が引きこもりの「働きたくない」って意志に凝縮してるはずなんだけどスルーされてると思う。健常者にはどうもそのあたりのクオリティが伝わっていない気がするんですよね。非差別者や当事者じゃないと分からないことだったりするので。

それと対人感覚の過敏性というヤツかな。電車乗るだけで満員電車じゃなくても私は死にそうになるので。人口密度多いともう無理…。砂漠で放浪する旅人みたいになるからね。耐えられる神経が分からない。頑張らなくて良いよ。健常者はもっとドミノみたいにばったばった倒れてくれると労災問題になって是正されやすくなるんで相対的に私が生きやすくなるからね。

うん。生きるのに向いてないな。致死量の睡眠薬ください^^;不貞寝するから。

作業所とかもね、色々ブログ見てると、それで無理な人多いですよね。なのにパーテーション付ける権利も無いみたいな。生まれながらに引きこもりな人もいるんですよ^^;人間と関わりたくないのに、それが幸福の道!とかいう宗教を押し付けないで欲しい…。マジョリティにとってはそうなんでしょうけどね…。友達!仲間!恋人!素晴らしい!だもんね。

でも私にとっては、それ食べるとアレルギー起こして死ぬやつなので…。あれやこれやで食べさせて殺しに来るんですよね。騙されたと思って食べてみろよ…ってね。私、君らと同じ人間じゃないので…。信仰がね、違うんです。価値観の違い、というのかな。私たちなんだか合わないね…っていう。

発達障害者自身、色々なので、けど、見てる感じ、希望を抱いて挫折を繰り返して傷つく無限ループに陥ってる目の前に友達や克服という名の書かれた人参を健常者に吊り下げられてゴールのないマラソンに駆り立てられている人が多いと思うんですよね…。それは自己実現商法みたいなもんですよね。詐欺なので。漫画家、小説家、声優、一期一会の人生、一回きりの人生悔いなく自分の個性を表現…的な。発達障害者って特性上、結構ホイホイ釣られると思う。

『わたしがモテないのはおまえらが悪い』には本来救いようは無いけど、商業誌だから少しはみたいな感じなので。実際は永遠に救われないパターンがあるんですよ。他人と関わろうと努力して折れて努力して折れてというのを繰り返すほど、失敗体験を繰り返し自分を責めて傷つけ続ける。惨めさから抜け出せなくなると思うんですよ。そういうのを周囲の自分を健常者扱いしてくる人は自分と同じ扱いするのでナチュラルに経験が足りないとかそれらしい言葉で煽ってくるので猶更たちが悪い。

発達障害者はそういう健常者の言葉を鵜呑みにしちゃダメだと思う。猫と犬とを同じだと思うようなもんなので。自分が猫だという自覚をもって自分で区別するようにしないと無為な希望を持たせられて無駄な努力と期待と失望を積み重ねる。理解の無い健常者は悪魔みたいなもんなので。天使と悪魔の悪魔ね。知らずに唆してくるんで質が悪い。この障害は相手だけでなく自分にも分かりにくい障害なのだという自覚を持って自分が自分の障害を区別するように心がけないと二次障害に直行する^^;

何というか、引き戸を押したり引いても開かなくて永遠に続けちゃうみたいなところが私たちにはあるんで^^;操縦性も性能も悪い車みたいな感じなんですよね…(´・ω・`)実際、IQ高いのは一部の人だけで活かせる環境に恵まれるのは更に一部の人だけでしょう。能力の凹凸あるだけ不利なだけってことが多いので。それを健常者より優れてることがあることにしたい、みたいな言論が凄く鬱陶しいですね。左利きは天才という発想と同じというか…。老人は知恵袋みたいな。長老だけですよ。多くの人が欠点は無くならないし社会的排除されるので。個性だとか言って無視しようとしてるんじゃないの、と…。元気な老人像を作り上げようとかしてましたしね…^^;社会問題は個人の努力云々じゃないですよ…。障害も然り。

じゃあ、個人の努力の余地はどこにあるのかなー、と私も思いますけどね。やる気も興味も無いから実学に手を出さないんですけど(汗)一般的には仕事の効率でも考えてた方が建設的でしょうね…。