読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

異常とはどういった意味を含むか

同性愛者は異常だという異常の中には排他や侮辱の意図が含まれていないだろうか。

 

同性愛とは関係ないが、認知症患者の「徘徊」という表現をやめようという自治体?があるそうだ。認知症も元々は痴呆という表現だったがこれが悪い印象だというので認知症と改められた。

 

徘徊というのも私的には確かに悪いイメージで使われていると思う。ゾンビ映画のゾンビのように彷徨ってるのだろう…みたいな。

 

認知症と改められたのも印象としては良くなったのではないだろうかと思っている。同性愛をバッシングするときの「異常」というのは「痴呆」という時の「異常」であり、認知症という時の「異常」では無いという印象を受ける。

 

「その穢れに私は触れたくない」というような意味での「異常」という発言が彼らの中で共有されることで差別を生み出すのだと思う。

 

最近は人間の見方が歪むような事件が多い。シリアへの空爆はそこにいる民間人が虫の一匹に過ぎないかのように私の目に映らせる。私たちは人間は対等じゃないから…と思うだろう。

 

私は何様のつもりなのだろう。仮にそこに隔絶する能力があったとして、その能力差は人間の中で種を分けるほどのものになるとでも思っているのだろうか…。

 

私たちは下等な人間がいると認識する。「可哀想な人たち」と自分は違うのだと思う。その時すでに私は彼らとは隔絶した場所にいる。

 

アメリカの同時多発テロで認識すべきことは「そうではない」という点だろう。現実が地続きであり、私もその現実の上に生きているのだという事実を学び取るべきだ。

 

仲間内も含んだプライベートな空間の中で生きているような気がしても実際には、その認識は仮初に過ぎない。

 

私が「どの程度の人物」だったとしても生物としては他人と同じく取るに足らない脆弱な虫けらである。

 

まずその事実の上に人権という尊厳が上乗せられたのであり、逆ではない。資本主義だとか能力主義だとかいう云々は結局のところ、そうした積み上げられた外装に過ぎない。

 

問題はその外装を信じ切って増長してしまう個々の人々の想像力の欠如の問題である。能力が高いから金を持ってるから自分以下の人間がいるのだと思ってしまうのは、愚かである。それらは簡単に剥ぎ取れる塗装面でしか無いのだから…。

 

殺人犯の宅間守が述べたことの多くは割合そういう世界における話である。テロリストの暴力も理屈は同様だろう。

 

まぁ、犯罪者の擁護をしたいわけでは無い。但し、私たちが守っている社会のルールが正しいと証明されたものであるわけでも無いのに、なぜそれを確信して他者より自分が偉いのだと振舞えるのだろう。

 

思うに、この宅間という人も所詮は同じ穴の貉である。環境が違えば犠牲者と同じように自分も振舞うだろうと言うのだから…。

 

証明されていないものを確信してそこに依拠して自信を持つ。空想である。そこに思い至らない程度の頭だから実際には根拠のない自信などが持てるのだ。

 

目の前に事実があったとしても、人間の目など容易に騙せる。私たちの殆どは出来合いの知識をどれだけ詰め込んだところで難しいことに直ぐには頭の回らない程度の出来であり、それが人間という動物の程度である。

 

「異常」と言う時「正常」があるはずだが、人間の「正常」とは何だろうか。進化論の世界から言う時、そもそも「異常」や「正常」があるのだろうか。だとしたら、進化などしないだろう。

 

進化自体も必ずしも良くなっていくことを目指しているわけでは無い。生物の問題は生きていくことであり環境に適応することであり、それ以上ではない。

 

だとして、「正常」や「異常」なんて問題に何の問題があるというのだろう。仮に自分が「正常」だとして彼が「異常」だとして宇宙全体に与える影響が何か変わるのだろうか…。

 

同性愛が「異常」だから何か悪いのだろうか…。あなたは「正常」だからと言って何が良いのだろう…。「正常」であることに意味があるような言い方で同性愛を否定するが「正常」であることに何か意味があるのだろうか。

 

「異常」と悪、「正常」と善とは必ずしも結びつかない。

 

確かに同性愛者に特別の配慮など必要無いとも思うが…。結婚できないなら同棲してればいいだろうと思うし。夫婦別姓だって同棲してればいいだろう。結婚という制度自体辞めた方が早いのでは…と思う。

 

まぁ、社会制度として認められていることに意味があるのだろう。会社で「俺たち結婚しました」と言う時、法律で認められているか否かで随分対応が違ってくるだろうとか。

 

特にマイノリティだからそこに正当性がある無しでは色々違ってくるのだろう。彼らにとってみれば隠れて無いで済むということに大きな意味があるのだと思う。

 

閑話休題

 

最近、人間が犬猫と同じなんだなぁと思えてきた。ブルドックとか、大抵何か可愛くない犬猫ね…。マレーグマとか想像して貰えれば良いけど、動物は別に都合よく可愛かったりする訳では無いわけだし。

 

言葉や高度な文明という特異性を除けば只の一介の動物に過ぎないんだなぁ…と思うのもアリかな、と思えてきた、というか。だから優しさや暴力的な問題も他の動物と同じようなものと考えられる。

 

何れにせよ、自然な表出だろう。優しさや思いやりの全ては偽善だ、とか、暴力は異常だ、とか良く言う訳だが…。他の哺乳類を参考にした時と同じようなもんなんじゃなかろうか…と。