読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

人間という動物

何度かこういう風に書いているが、じゃあ、それはどういうことなんだろうか、というと想像し難い。

 

私は犬猫と人間は同じだと思う。どちらかというと不細工な犬や猫という感じである。可愛く無いし情も無いから可愛がられなかった人間=孤独な人と考えるとイメージしやすい。

 

孤独な老人でも良いが。そうなったときにペットの取り扱いの方がラディカルなのかもしれない。保健所に送られ引き取り手がいなければ殺処分。本当はそうなるべきだと感じている。

 

ただそれは時代的な感想である。僕らの想像力は「屋根裏部屋を掻きまわして引っ張り出してきたモノ」に大分依存する。「現代だから自由に思考できる」などというのは都合の良い考えである。

 

所謂、動物愛護の精神が叫ばれることでペットの殺処分が「仕方の無いこと」から「酷いこと」へと変わってきた。その価値観が「人間に対しても同様で無ければならないのだ」と逆輸入される。

 

酷い話だが逆輸入されるのである。まぁ、だから動物愛護の精神が大切になるのだ。人は自分を大切にしない。これは自分たちを大切にしないことにも通じる。他人を大切にする。だから他人として大切にされねばならない。

 

転倒した話だが。日本では根強い価値観だと思う。だから身内は自己犠牲の範疇とされて大切にされないということが起きてくる。

 

動物という他人とすることで初めて「だから」大切にしなければならない、なんて話になるわけである。本来はそんな言い訳は必要ではない。欧米では恐らく必要ではないだろう。自分を大切にする文化だからである。日本だから理屈が屈折させられて理解しなければならないだけで、本質は別である。

 

あまり長く書きたくないので省略するが、私たちは天然と養殖を分けるべきだと思う。人間は主に養殖した動植物を利用・食用すべきで、天然の資源は過剰な場合に限る等すべきだ。

 

犬・猫と他のペットを分けるのは家畜であるか否かである。牛や馬のように魚も養殖して食するべきである。そうして自分で産み自分で消費するという循環を作り、天然との間に境界線を引いた方が良い。

 

中国で人間の遺伝子を弄る話があったが、そういう優生学的なことをするとどうなると思うか。私は人間が家畜化すると思う。愛玩用のペットのように産業用の人間というモノになるだろう。

 

多分、僕らが忌避しているのはそこであり、人間という存在が天然のものから→作られたモノになってしまうことである。それこそリンゴを食べて楽園を追放されるようなものだろう。

 

自由は棄損され産業用の働くためのマシーンに過ぎなくなる。遺伝子レベルで。そして印象として。「養殖された人間」である。それは「食べるための人間」というのと変わらない。

 

天然という概念自体、宗教的なものなのかもしれないが、プラグマティズムも宗教である。宗教に合わせて遺伝子を改変されるなんていうのは私からするとぞっとしないことだ。

 

ナウシカ』の漫画版を読むのが早いが、食用に肥えた状態で生まれてくる鶏のようなものに自分がなるということである。それもやはり逆輸入された結果である。

 

養殖で賄おうという価値観を逆輸入した結果が遺伝子操作された「企業戦士」な訳で(´・ω・`;)私からすると人間すら食糧にしようという価値観と変わらない。

 

越境されるべきではないし、線引きをすべきなのだが、何時でも、そこを乗り越えてしまおうという人間が存在する。

 

例えばの話、世界破壊爆弾のスイッチを皆が一つずつ持っていたら、一日以内にきっと押されてしまうだろう。

 

それは僕らが動物に過ぎず、全体的には、真実を見通したり、未来を予見できるほど賢明じゃないからである。