読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

駆け落ちの結末は碌なことにならない

不倫で叩かれたAさんは、誰かがコメントしたように子供だったんだろうなーと思う。覚せい剤で逮捕されたBさんもやはり子供だったんだろうなーと思う。

 

世間は「悪」と言うけど、どちらかというと呆れる。アダルトチルドレンのようなものであり、あるいは、自制心が無かったと言うべきか。

 

それは殺人などの他人を害してやろうという悪とは違う(はず)なので、同じ「悪」として叩かれている感じが少し気味が悪い。

 

某ブロガーさんが書いていたんですが、麻薬ってのは金持ちが狙われるんだそうです。情報を漏らさない良客相手に相手に売りたい。だから、そういう条件を満たしていると思われる人に誘いが次々掛かるわけですね。

 

そのトラップに一度でも引っかかると、抜け出せなくなる。そういう落とし穴というべきか、蟻地獄みたいなものに私たちより良く遭うんだろうね、と。

 

私は麻薬なんて身近でやってる人みたこと無いもん。Bさんが「風邪薬」という発言をして初めて、そういう風に使う人間がいることを知ったくらい。

 

まぁ、ダイレクトメールみたいのは偶に目にしますけどね。〇〇金融とか( 一一)でもさ、借金なんかしたらお終いでしょ。返せる当てが無いんだから。それさえ予測できない人が結構いるような…。

 

結局、二人とも「そういう人」なんだろうと思うんですよね。目の前に人参が吊り下げられていて、その先に落とし穴がある。「落とし穴があるはずでしょ」と他人が指摘しても「人参が欲しい。落とし穴なんてあるかわかんないでしょ!」という。

 

その可能性が99%とか確率論のうちは「そんなのわかんないでしょ!」と自分の願望しか見ないようにしてしまう。

 

私的にはこの二人に共通するのって、そういう愚かさなんじゃないかと思うな。まぁ、だから「悪いことをやった」けど「可哀想」でもあるという風に感じるわけですね。

 

彼らが自分の問題点を上手く理解して改めていけるのかな、って点の方が私は気になるし、改められると良いなと思う。周りの人が配慮して指摘したり支えたりしてくれるなら良いですけどね。

 

そうじゃないなら自力で更生するのは難しいよなーと思う。自分じゃ自分を客観的に見られないしね。周りも「悪いものは悪い」じゃ本人も「そんなのお前の考えじゃん」と言って反発するだけだろうし、冷静に理屈を諭せる人が周りにいると良いなと思いますけどね。

 

私自身何度「もっと周りと上手くやったら」と言われたことか(笑)そんなの無理(*ノωノ)無理だったよ…。同情するなら代案をくれ。ちなみに「対案をだせ」ってのが今年の流行語だろうか(´・ω・`)

 

でも、それも間違ってると思うけどね。選択肢には何もしない方がマシってこともあり得るんで。火を消そうとして火勢を増やしてた人いたけど…。私的には「文句言うなら対案だせ」は「TVが嫌なら見るな」と同じ屁理屈。

 

民主党がダメになってるのとは別の話でね。批判が見当違いなら、それを指摘すりゃいいわけで。「対案出さないなら批判もするな」は後者は別の問題。