読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

雑感

叫びたい。死にたい。殺されたい。

 

あぁ、別に慰めを欲している訳では無い。本心。

ブログを書いていると、どうしても承認欲求を満たしたくなるもんで。☆がついたり、コメントを貰ったりすると、精神的に踊らされる('_')『bokete』というサイトでも、☆やコメントに踊らされるのだが。

 

ツイッターも「いいね」やら「リツイート」という感じの(詳しく無いんだ(苦笑))「繋がり」感…自己肯定感を得たくて、そこに嵌ってしまう。

 

FB(フェイスブック)で、リア充アピールに疲れて燃え尽きたりとか、SNSが孤独を癒す手段になって、私は孤独を癒そうとする。孤独の強い人が意図的に炎上するようなアピールをして、自分を見て貰おうと必死になる…気持ちが分かる気がすることがある。

 

「核爆弾の発射ボタン」みたいな話で、あるいは、銃の引き金みたいに容易に引けてしまうもの。ダイエットが上手く行かない人は引き金を引けるから引いてしまう人。結果を考える。自制をする。そういう機能が緩いと人生は上手く行かない。自由とは責任能力が無ければ上手く謳歌できないものである。

 

自由とは人によっては刑罰である。私は上手い人に人生を、自由をコーディネートして欲しい(笑)ADV(アドベンチャー)ゲームのように日々の過ごし方に関する良い選択肢を提示して欲しい。

 

自分の人生を自分がエスコートする能力に欠けている自覚がある。だったら、プロや専門家がやってくれればいいのに(*ノωノ)

 

まぁ、そう言って自衛隊に放り込まれたり義務教育に放り込まれたり自由を投げ出したところで現代は碌な目に遭わないことが多い。

 

毎朝可愛い幼馴染が「〇〇君。朝だよ~」と言ってカーテンを開け、食卓には朝食が用意されていればいいのに。まぁ刑務所の生活を少しマシにした感じか…(ぁ

 

知的障害者なんかは不運な人は好んで刑務所に入るわけだが、自由を行使する能力に劣るから、生活が管理されていた方が楽だったりするとかしないとか。管理してくれる側が所謂、良い飼い主なら満足な生活が送れるだろう(+_+)

 

猫が人間に飼われに寄ってくるというのも、わざわざ自由を捨てて、人間の下僕になるのは、その方が生活が楽だから、だったりするのだろう。自分による意思決定、自由。選択。そうしたものが「良い」と流布されてきたわけだけれど、まぁアメリカの工作っぽい…。

 

 自由と選択の問題は、いわば『ダークソウル』風のキャラクタークリエイトシステムみたいな感じ。「詳細に決められますよ。何でもかんでも自由ですよ」と言われても、複雑すぎてよく分かんないし。

 

「普通のテンプレを幾つか紹介してくれ」って方が手軽で良いという人もいる。保険の約款とか細かすぎてわからんちんである(´・ω・`)3行にまとめてくれ…。

 

 栄養士の管理指導を受けても、生活習慣病になるような人たちには効果があるのか疑問である。栄養指導を受けて、それを守れる自制心が彼らにあるのか。タバコ・ギャンブル・オーバードーズ…etc。

 

自由の制限は最終手段で、最終手段というからには既にハードルを越えたところで介入する。それじゃ遅いよ、という場合が多そう。自制心の無い人は放置・自滅である。まぁ、私がそれを問題だと思ったところで、じゃあ、どうすればいいのか?名案は浮かばないのだが。

 

淘汰のプロセスが出来ていて、自業自得で馬鹿は死んでいく。日本と言うのは、それで良しとする社会構造だったのかなー、等と思う。誰も手を差し伸べてはくれないのだ。刀で斬られたのを視認してから助けに来る('_')

 

社会が所詮、未来なんかじゃなく、中世の続きが何となく近代、現代と言われているだけ。そういう西暦2000年にたまたま生まれてきたというわけで。「西暦2000年代は、福祉とかイマイチだよね~」的な。過去にタイムスリップして現代知識無双とかの物語はあるが、将来は現代に未来からタイムスリップしてきて未来知識無双したりするのであろう…。

 

だから、ある意味では「戦国時代に生まれて生きてる」 わけである。将来生まれて来る人は「昭和生まれ」と言ったら驚くであろう…。結局、私たちは歴史の教科書の一頁の中に生きてるわけである。時代の最先端を生きているという言葉で何か誤解しているようだが…。「もうフロンティアなんて無い!」と何時も誰かが言ってるわけだが…。

 

「其方は戦国時代にも確かそう言っておったよ…。」

 

誰も信じてくれないでしょうけど私は 前世でアリストテレスの友達の友達の知り合いの隣の家に住んでいたんですが、その頃も「もうフロンティアなんて無いのよ!」って隣の家の奥さんの娘さんが言ってた記憶が朧げに残ってます…|д゚)

 

よく現代に生きていることが幸福というけれど、現代以降については知らないからそう言えるだけ。私は前世の記憶があるから今も昔も「知ってることしか知らない」ってことを知ってるけど。

 

あの頃は最低だったな…。アニメとか無かったし。