読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

撮り鉄の話

ルールを守らない、と問題になる人たち。

彼らは大抵、発達障害系の障害を抱えてると思う。

勿論、そうでない人もいると思うけど。

 

マナーを守らない撮り鉄の中には発達障害系が多そうだと思う。

彼らは「マナーを守らない」のではなく「ルールが見えていない」のである。

 

だから、健常者目線で「マナーを守れ」「ルールを守れ」と言っても彼らの頭では理解できない。「誰が決めたの」「どこに書いてあるの」「法律に定めてあるの」と言う反論をするのがオチなのでは無かろうか…。

 

「言っても分からない人間」が「なぜ言っても分からないのか」ということについて、健常者なり「言って分かる」と思い込んでいる人間は考えた方が良い。こういう人たちも批判に値する人々である。

 

悪いのは「撮り鉄」かもしれないが、そういう人間を「同じ人間」として扱おうとしている認知は正しく無い。彼らは自分とは脳構造が何らか違っているから、あぁいう行動を取るのだ、と理解しないと「自分と同じ人間」として誤った対応を取ってしまうことになる。

 

畑の野菜を食い荒らす猪に「お前さん常識ってもんがあるべ」という風に言葉で怒りを表現するのは愚かである。確かに猪は迷惑だが人間側の現実認識にも誤りがある。

 

この場合、健常者側は猪に何度も諭そうと語り掛けるだろう。前提。問題を見誤ると、問題解決の方法も誤ってしまうことになる。

 

そういう意味で健常者側も批判に値する。問題解決をしたいのは健常者側であり、健常者側が問題文を読み誤った場合、正しい式を建てられず解も間違うこととなる。

 

問題を起こす「撮り鉄」は恐らく障害者であり、認知の様式が違うので、話し合っても諭すことは難しいかもしれない。結局は、彼らの特性に合わせた対応を検討しなければ問題は解決できない。

 

でなければ「同じ人間なのに」という目が節穴の健常者(?)たちのエンドレス罵倒が続くであろう…(´・ω・`)栓無き事である。

 

「同じ人間などいない」という言葉を恐らく誤解しているのであろう。脳からして同じでは無く、知識からして同じでは無く、思い込みからして同じでは無く、認知からして同じでは無い…etc。

 

人間平等論者は、相手(人間)を分別する癖を付けないとダメだなぁ、という気がする。キモオタでも誰にでも平等に話かけてしまう世界観の分かっていない純粋無知の子供と同程度である。

 

「差別は良く無い」と言って脳に無分別にするフィルターを掛けてしまおうとする。そうじゃないんだ…分別していくことで色々な種類の人間にも上手く対処していけるようになるんだよ(´・ω・`;)