読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

歳を取って一人が寂しいということに気づき嫁を欲するという間違い

ACだのう。

人は一人で死んでいくものだ。伴侶はいつか死ぬ。

自分が看取って貰えるとなぜ思うのだろう。

最近は人は病院で死ぬ。

一人暮らしでも医者に看取られて死ぬことも多いだろう。

孤独を癒すために伴侶に頼るのは、犬猫を飼うのと同じ気持ちからだ。奴隷である。

 

子供を作りたい、と言って、孫が欲しい、と言って、その心根は自分を見捨てない人間が欲しい、と言うのである。要するに保険だ。

 

まぁ、極論だが。

人間は社会性の動物で、誰かの支え無しには生きていけないから、本来社会で繋がり合う必要がある。友達とか。

 

男性は特にそうした共感の機能が弱く、繋がり合えないから、家族や会社というコミュニティに依存しなければ、自分を支えてくれる繋がりを作ったり維持することができない。

 

と、いうので家族を持ちたいと言い出す。その癖、それを維持する努力はしたくないといい、不倫したいといい、家族サービスはしたくない、というわけである。自分の城が持ちたい、と言い、家族というのは下働きのメイド等の奴隷。

 

そういう「普通」の家庭が欲しいというのでは、どうしようもないなと思う。

 

家族も友達も所詮、他人で、繋がり合うにはコストを支払わなければならないと思う。支払わないから熟年離婚したり見放されるわけであろう。

 

そういう人は、寂しいと言ったとしても、向いていないのだ。