LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

日記 SAO ホロウ・フラグメント PSvita

体は剣で出来ている

 

血潮は鉄で、心は硝子

 

幾たびの戦場を越えて不敗…UNLIMITED BLADE WORKS

 

SAO ホロウ・フラグメントをプレイ中…。専ら実装を解除するためにホロウエリアばかり探索している。装飾品や防具が乏しいのが専らの悩み。

 

私はかつてFF11をplayしていたので、そのシステムと似ていると思う。ただ、スキルに攻撃的なものが少ないのが物足りないかもしれない。魔法…とか。

 

スキル連携をした際のエフェクトが物足りないし、ジャストアタックのタイミングとエフェクトと表記。ジャスト回避の難しさとか…。ジャストアタックをした時に「JustAttack!!」的な表記が欲しいなとか。

 

ソードスキルの不満としては、刀と両手剣は、片手剣と曲刀をskill1000にして解放してからでないと、ソードスキルが覚えられない辺りとか。それと、ソードスキルも通常のスキルも全て取ろうとすればSkillポイントは足りなくなるらしい。

 

Skill自由取得制度というか、計画的に利用しましょう…みたいな妙なリアリティを感じるのだが、刀と両手剣は「待て」の状態である。本来は全て取るというより、自分が使う武器のツリー上にあるスキルを使っていく感じになるのだろう。

 

ホロウエリアの管制室の実装は、妙に回数が多く…実装していると、自分のレベルがグイグイ上がっていき、アインクラッド攻略班のレベルもプレイ時間に比例して上がるので、彼らはキリト(プレイヤー)一人に攻略を待たされている状況である。

 

クリアレベルが120らしいが、もうちょっとでクリアレベルになりそうである。しかし、アインクラッド攻略はちっとも進んでいない。キリトさんはホロウ・エリアにご執心だ。

 

私のところには各ヒロインからホロウ・エリアから戻っておいで、というメッセージが届いた…。…リアルなら攻略班からのキリトへのヘイトが強くなるはずである。きっと、キリトがいないうちにアインクラッドは攻略されて皆デスゲームから解放されることだろう。

 

メタ的には胃が痛くなりそうなホロウ・エリア探索録である…。壁ドンとか床ドンとかされつつ、きっとホロウ・エリアに籠るのである。それなのにヒロインたちはキリトが引きこもっても待ってくれている…。

 

それはそうとクラインと添い寝が無いというのは、どういうことなのだろうか…(笑)そして、出血だらけの刀スキルである。両手剣も特殊だが、刀は暗に使うなと言っているのだろうか…。

 

私は既に片手剣スキルが1000なので、もう当分、片手剣を振るうことは無いかもしれない…。片手剣一刀流が原作キリト標準装備で、状況が悪くなると、二刀流になるという流れなのだが、私のキリト氏はskill的に片手剣の方が強そうである…。