LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

5万人が行方知れずになっている

そういうことをニュースでやっていた。自殺者も合わせると10万人位は何かあるんだろうね…。

 

2ヶ月で9人?とか衝撃的なニュースだけど、そういうのって久しぶりだよね。けど、5万人位は何か巻き込まれてるんでしょ。

 

うーん…自殺志願者を殺してあげてた、みたいな感じなのかな。自分の中では「セーフ」だったのかもしれない。Dr.キリコみたいなものだよね。

 

首を集めてたとか…異常だよな…。色々、短絡的な感じもする。そりゃ露呈するよ、って思うけど、逮捕までの流れがドラマっぽい。

 

「死にたい」人を合法的に死なせる制度とかあればわざわざサイトに投稿する必要とか無いのにね…。若く無くても終活とか考えても死にたい人は多いでしょ。

 

まぁ、それでもね、何とか生きていけるようにフォローするってのが、現代社会の考え方のような感じはするけど。

 

「死にたいってのは何か問題を抱えているせいで、それを解消してやるのが必要だ」みたいなね。

 

でも、死ぬことを許されて良い状況、ってのも結構あるとは思う。生きることが厳しい、苦しい、ってのは、色んな人が書き綴ってるからね。

 

それでも、死ねないから生きるんだ、と私などは思ってみたこともあって。そう思って生きてる人がどれだけいるかは、知らない。

 

何とかね、死んでみようとはするんだけど、死ねなかった。怖いから。痛かったり、痛そうだったり、まあ、何かミスったりとか。

 

それで自分じゃ確実に死ねないというんで、殺して貰いたいと望んだりするのかもしれない。自分で死ぬ…っていうのは中々難しいんじゃないか、と。

 

私みたいな人間は正常な世界に居ないけれど、外の世界の多くは正常な世界であろうとしているのかもしれない。

 

まぁ、そうではないのかもしれないが…。社会から決められたルールを遵守しようと頑張っていった結果、社会に秩序が築かれていく。

 

性善説性悪説があるが、日本人の多くは制度と多数決的な常識に沿って、社会的である自分を通していくという感じで良いとか悪いというよりも良いレールがあると良くなるという風な気がする。

 

「郷によっては郷に従え」というものがあって、更に、そこに自分を合わせていった時に、問題がある時に告発する…とか、そういう形で問題を露呈させ、改善させるか…という議題に載せて、

 

その工程を繰り返して、社会と人間性のバランスをとって、個人の居心地が良くなっていく…。そんな感じで変わってくんじゃないか、という風な気がする。

 

普通の生活とか、模範的な生活とか、そういうものを歴史を遡って調べても、時代ごとの「普通」とか「模範」しか出てこなくて、暮らし向きは大なり小なり変わる。

 

体罰はしていい、いや、してはダメだ、とか。昔は自己判断だったこういう問題が、ルールとして「駄目だ」とか変化していく。

 

自己批判できる社会では、上手くアップデートされていく、と思うけどね。上手く自己批判できる社会では…。

 

社会≒コミュニティ。自分が参加するコミュニティが異常だと、自分も異常にならざるをえない、あるいは、異常な方に舵を切っても許されてしまう。

 

小中高とまともなコミュニティに属していたか否かとか。まぁ、そういうのも人の性格と関わってくると思う。特にいま現在どういう場所に居るか、によって他者との関わり方に影響を受ける。

 

パワハラ的な環境に居ると、後輩が出来た途端、高圧的に接したりとか…まぁ、自分の行動を縛ってくれる枷であったりもするし、逆に、そうして良いんだ、という風に解して、そういう風に振る舞って良いんだと思って、そういう行動を取る人物に変じてしまったり…とか。

 

そういう時に諭してくれる人とか、まぁ、システムとか、OBの人とかに相談して諭してもらったりとかね、そういう繋がりがあるかどうか、とか。

 

まぁ、その繋がりが「黒い繋がり」とかだと駄目かもしれないけどね…。自分が狂ってない善的な人に恵まれて生きて来られたか…とか。薫陶を受けられたか、とか。

 

コミュニケーションを通して「まともさ」を保って来られたか…とか「まともさ」がどういうものか知って来られたか…とか。

 

どうなんでしょうね。どこから狂ってしまうんだろう。なんか決壊するんだろうか。ずっと、助けてもらえないとか、自分が支えるべき重圧に耐えかねた…とか。そういう時に外に助けを求めて、助けてくれるとしたら、何とかなるんじゃないかと思うんだけど。

 

じゃあ、助けてくれるシステムが無い時、にどうなるか、という。為す術も無いとか、残酷になってしまうとか、暴力的になってしまうとか、そういうストレスフルな精神的な状態になるんだろうか。

 

私は怒るとか笑うとかあまり出来ない人間なので、そうしている人がなぜ怒ったり、爆笑したり出来るのか分からない。

 

極道的な人間とかさ、どういう来歴を至れば、そういう人間が形成されるんだろう…とかね。まぁ、私も大分変な人間らしいのだけれど。

 

元から社会に適応出来なかったのか、何かトラブルがあって適応出来なくなって行ったのか。

 

ま、最初から適応出来なくてズルズルと適応出来ないままの人生を送ってきたとか、そういう人って、何らかの形で落ちていってしまったり、

 

駄目な米を振り分けるみたいに…。そうすると、良いコミュニティに出会える機会が減るんじゃ無いか…とか。

 

そうやって出来た渦に10万人くらい巻き込まれるのかなぁ…とかね。短絡か。

 

最初は自殺する3万人に自分が入ってるんじゃないかな~と思って生きて来たんだけどね~…。

 

犯罪心理学とか学ばないと分からないか…きっと。

 

人生に詰んだ時に、分岐するのかもしれない。異世界に落ちるとかね。空から女の子が降ってきたり…。

 

いや、無いけどさ。まあ、詰んだ時に助けを求めて、ちゃんとしたところで助けて貰えるかどうか、っていう。じゃないと、闇のマーケットとかに行っちゃうんじゃないの…?

 

この話題はこの辺にしておこう。