LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

FF14 吟遊詩人の変更点

FF14では、ジョブのアクションに大きな変更があり、かつて、と今とでは吟遊詩人というジョブも大きく変更された。個人的には良い変更だと感じた。

 

かつては、

歌を歌うと自身のDPSが大きく落ちた。またMPを必ず消費するため、歌を使い難かった。MPTP管理、沈黙等、こなさなければならない役割が多かった。DPSが他職に劣るという見方が多く、特定のダンジョン以外に誘われにくい部分があった。

 

今は、

DPSの一人として、他に劣らない水準にあると考えられる。またTP回復やMP回復が自身のMPを消費せず、使用可能になり、かつ歌うデメリットが無いというのが大きいポイントだ。

 

各歌を歌うことにはメリットしか無い。ただ注意しなければならないのはMPを消費する唯一の技、魔人のレクイエムだろう。これは範囲内の敵に感知されるので、不用意に使ったままにしているとタンクの前に敵視を取ってしまい殴られる可能性がある。だから、使い所を考える必要がある。

 

私は現在lv60でメインクエストを終わらせていないため、50以降のアクションの回し方を知らない。50までで考えれば、DOTとバフと歌を出来るだけ切らさずに入れていく、というのが戦闘における基本の動き方となるだろう。

 

特にDOTのクリティカル率に影響を受けるアクションが多いため、クリティカル率を上げるストレートショットとDOT2種を切らさず入れておきたい。

 

また、歌関係は自身のバフというよりPT全体のバフで貢献するため、自身のDPSよりPTのDPSに貢献する方が良いと考えるなら、そちらを優先して切れないようにしていくと良いだろう。

 

PTに対してはロール・アクションで貢献できる範囲が広い。バッファーとして活躍できる可能性も多く残されていると感じた。