読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

ドローンの子のこと

発達障害

彼とか幾つかの事件の犯人は発達障害などの自閉症スペクトラムが疑われる気がする(かなり偏見かもしれないが…)が、そうした心理検査はしないのだろうか?責任能力を問う心理検査の場合、そうした検査では無いのかな?統合失調症とか。認知症とか。

盗癖やギャンブル依存症アルコール依存症といった問題が犯罪にエスカレートすることはままあると思われるし、そういう人たちを治療の場と結び付けた方が良いんじゃないかな、と思ったりする。依存症等は「もうするなよ」と言って「はい、しません」と言えるような問題じゃない訳だし。田代さんの薬物使用の問題を見て分かるように自己責任でどうにかできる問題ではない場合、他者の力を必要とするケースは多い。

「マシュマロ実験」というものが『選択の科学』で紹介されていた。これは目の前の直ぐに手に入る報酬を取るか、時間的に先伸ばしにしてより多い報酬を得るか、という判断を見るものだが、後者を選んだ方が社会的地位が高くなる、とかそういう話だったと思う。要は目先の利益に目が眩んで、長期的な(より大きな)利益を手放す選択をしてしまう傾向がある者は、そうで無い者よりも損をすることになる、という話である。

というより、まぁ、麻薬の問題なら禁断症状や誘惑に負けて、やめた方がメリットが大きいと分かっているのに、やってしまう=抜け出せない、という依存の状況を招く。もう少し身近な例では、肥満になるのも同様の心理的過程を踏んでいる場合が多い気がする。私などは今日だけは自分へのご褒美…などと、毎日のように繰り返してしまうのだが(>_<)

その今日だけは、今回だけは…という目先の利益に手を伸ばしてしまい、手を伸ばさないことで得られるメリットを手放すから、結果として損をするのである。大体は(贅肉という名の)負債が溜まっていく。減らないかなこれ(´・ω・`)

まぁ、そういう先走った判断をしてしまう傾向にある人は割といて、そういう判断能力の在り方は恐らく賢明ではない。長くなったが(私も含め)要は賢明じゃない人が結構いるという話である。

犯罪を事前に防ぎたい、とかドローンの少年の話で言えば再発を防止したいのなら、本人に何らかの介入をしなければ、防げないのではないか、と思う。ただそのやり方が結構間違えることも多いというのがまた問題なんだろうけど…。それは医療倫理みたいに道徳を作ってくしかない気がする。

そういう枠組みが現状割とできて来てるのが医療の場だと思うので、治療として扱うのが次善なのかな、と思ったりする。それだって、多くの失敗を繰り返してきた結果、やっとこさ出来て来た部分が大きいような気もするし、出来て無い部分もやっぱりあるんだろうと思うんですけどね(´・ω・`)

精神科は色々と問題あるイメージがあるけど、やっぱりそれなりに前科があるからだろうし、海外ならロボトミー手術とかね…。脳に電気ショックを流して正気にさせようとしたりとか…まぁ、そういう「介入」の仕方はダメだろうと思うけど。心理学自体20世紀になってから進歩してきた感じだから比較的新しい医学な訳で。シェイクスピアなんかはメランコリーがなんのと言ってるくらい、その辺のことは分かって無かったんで。

発達障害にしても日本では2000年代になってから広く認知されるようになってきたと思う。そのくらい「最近のこと」なので、精神的な障害/問題が「まともに」理解されるようになるまで、もっと時間が掛かるんだろうと思う。

卑近な話だけれど、人間は見た目か中身かという話がよくされることがあると思う。けど、中身は普遍でも無ければ、右肩上がりでもない、ということが認知症が問題になるにつれて分かって来たんじゃないか、と思う。歳を取れば賢明になれる=老人にも価値があると言いたい、がそれが否定される。まぁ民主政治を見ていれば認知症がというより老人が自分の権益を守るために若者を搾取する構図とかが指摘される訳だが…。

努力(経験)に価値はあっても、歳を取ること自体には価値は無い、と僕はちょっと思っていたりする。歳を重ねることは同時に様々なリスクが上がることでもある。その中で価値があるのは歳月の中で積み上げて来た肯定的な部分に限られる、というのは当たり前のことだが…。精神的な問題もそこに含まれるので、結局人生のどこかで正されなければ、歳を取ってもそのままである。

問題は誰がどのように正すのか、ということであり、それはデリケートな問題で、どこかのヨットスクールか海軍式の訓練で千尋の谷に突き落としてどうにかなるというものではない。まぁ、私も良く分からないがざっくり言えば行動療法的にどうこうするしか無いのだろう。犯罪を予防したいのなら、病気を予防するように、予め防ぐ努力の課程をどこかに入れなければならない。

まぁ、地震の話でも良いが。タンスにつっかえ棒付けるとか、そういうレベルで何かしら保険を掛けとくのって重要だと思うんですよね。というか個人的な好みなのかもしれないけども…。