LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

ベーシックインカム11万じゃ足りないでしょ という話

その他の社会保障を切ってBI11万という話なら、それは足りないと思う。生活保護も切るという話をするなら特に。

 

ここに入る人は生活費+医療費の福祉を受けている。働けない人たちも含むのだから、病院と縁がある人が多いはずだ。つまり医療費が掛かる。確かに節約すれば11万で生活できるだろうが、何の病気も無ければ、という前提である。

 

保護が必要な人たちには、何も無い、という人がどれだけいるだろう。そうでは無い、負担を必要とする人たちは、例えばベーシックインカムによって、生存権を脅かされる可能性がある。

 

その辺はどう考えてるんだろうなぁ、と、こういう記事を見て思った。人が皆生まれながらに平等なら社会保障とBIを取引しても良いだろうが、アファーマティブアクションを考えるとベーシックインカム以外の社会保障を切るというのは不適切になる。

 

例えば、生まれながらに心臓の持病を抱えて医療を必要として生まれてきた子供にも他人と同じ11万だけという風では困るだろう。実質、死ねという話である。今よりも社会の保障は無くなるという風になる。

 

どうも働けない人たちが怠けているせいだ、という風に考える前提があったりするのだろうか?だから、普通の成人の最低限の生活費があれば足りるはず、現物支給で足りるはず、と考えてしまう。

 

例えば寝たきりの老人に米と生肉と野菜を送ったとして最低限の生活ができるだろうか…。人によって最低限のコストは変わるだろう。だから、そのフレキシブルな部分を全部BIという画一的なものに変える訳にはいかないのである。

 

BIは生存権を保障するための制度として考えられているのであり、生存権がこれによって脅かされてしまうようでは本末転倒である。何れにしても、根本的な穴が埋められておらず現実的な話になっていないように思える。言わば、僕らが五体満足の健康で完璧な人間であるという前提に話が進んでいるかのような…。