LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

引きこもりを引きずり出す人

まぁ、そういう番組があったそうなんですが、それって戸〇ヨットスクールだよね、と。

 

あぁいう人達は十中八九その引きこもりが障害者だと思っていない。そして自分自身も障害者だとも気づかない。「自分も引きこもりだったから引きこもり支援をする」という人が仮にあぁいうTVに出ていたとして、問題のある人が問題のある人に対応した結果、問題を拡大させているのだな…と思う。

 

発達障害だって「同じ発達障害」と言えない。そこを「同じ引きこもり」と言ってしまえる人がいたとすれば私は「あぁダメだな…」と思う。まぁ所謂、民間療法である。体罰をしつけと称したような時代錯誤の伝統的対処法だろう。「唾を付けとけば傷なんて治る」とかそういうレベルの話だろう。それに対して金を払うのかという話(´・ω・`;)

 

まぁ、水素水を売るレベルというか(´・ω・`)更には、その効能を信じてもいたりする。それを喜劇というべきか悲劇というべきか…。

 

かつて、私は自分が心理的に悩んできたからという理由で「カウンセラーになりたいな」と思ったけれど、私にその資格は無いと諦めた。コミュ障が心理カウンセラーをすることには無理がある…と思ったのだったか…。たまにそういう「資格の無い人」が仕事に就いていることがある。女児目当てのロリコン教師だとか(苦笑)

 

作業所もやはり変人が多い気がする。どうも変人の逃げ場になってるんじゃないか…と。職員が…である。彼らは自分が社会に適応できなかったから、それ以上の弱者に対する仕事へと堕ちて来る、という印象を持つ。公園で孤独なおばさんが猫に餌をあげているようなものである。

 

自分より下の弱者を憐れむことで自分をその上位に位置付けて自信を保とうとする。自分に自信が無いから自分より可哀想な人間の世話をする。だから、自分が正しく可哀想な私は正しく無いのだ、と主張したい感じの人がままいる。精神障害者は正しく無いのだ、と言いたげな人が。その逆が愚かにも「だから私が正しい」になったりするわけである…。

 

その結果が、しばしば、障害者に対する人権上の配慮を欠いた虐待に繋がるのだと思う。彼らが意識的、無意識的に自分の尊厳を守るためのゲームをしようとしているがために、巻き込まれるのである。

 

基本的に馬鹿なことになるのは、何れとも間違っているからである。別に「相手が間違っているからと言って自分が正しいことにはならないのだ」という考えがすっかり抜け落ちてしまっている。

 

引きこもりの問題は、そういうのが多いんじゃなかろうか。相手が間違っているということに託(かこつ)けるのである(´・ω・`;)

 

私はTVは見てないが、きっと機能不全家族の問題の責任の全てを引きこもり当事者になすり付けるとか、母親になすり付けるとか、そういう感じである(´・ω・`)

 

自分が関係無くて、そのような事態が発生するメカニズムが分かっているなら、客観的に見て空虚な気持ちになるだろう。

 

結局、田舎に医師がいなかった、とかそういうレベルの話で、解決自体は出来る問題なのだと思う。シリアの食糧支援もそうだが金が無いという理由で支援が打ち切られたりする。

 

私自身の話で言っても幼児期の検診で障害を見過ごされ、療育を受けられなかった。両親の理解も無かった。その結果、ただの不登校、ただの問題児、ただの駄々っ子とかそういう感じになってしまうわけである。

 

そうすると「本人の努力不足の自業自得」というコメントでハンディキャップを持つ私の人生に対する社会支援は終了である(笑)ホントは自閉症だとしても。

 

「両親は互いに私は悪く無い。お前の甘え。妻のせい。夫のせい。お前の自業自得」という。診断が出なければそうである(苦笑)

 

特に同じ問題を抱えているような親であると遺伝的欠陥を認めたがらない。自分の欠陥も認めたがらないだろう(´・ω・`)

 

まぁ、そういう感じの特に理由の無い不幸な運命が私を襲うわけです。「引きこもり」の一部は、まぁ、そんな感じなんだろうな、と思っており、だから私は無理解による悲劇なんだろうな、と思う。

 

悪者にされることが多いんだけど、結局、運命的に不幸だっただけ。まぁ、そういう見方はどんな犯罪者であろうと可能なので、基本的に慈悲を持ったら?と思う。キリスト教にはそういう考えがあるとドストエフスキーの小説で書いていたが…。

 

「みんな辛いことがある…でも…!」って人は言うけど、生まれ持った自分の身体からして人それぞれだから「みんな同じ」という前提に基づいている「みんな辛いけど耐えてる」論は正しく無い。

 

「みんな」は言わば「私の友達は…」とか「私の家族は…」とか「普通の人は…」とか、そういう範囲をその範囲にいる「普通の人」である「私」が「みんな」と呼ぶのであって「人類全員」とか「日本人全て」とかを指すわけでは無い。そしてそんな暗黙の了解には言っている人たちは指摘されるまで暗黙の含みがあることに気づかなかったりする。()(かっこ)の中に入れたのに忘れる。

 

その「みんな同じ」論からすると犯罪者が犯罪を犯すのは「そいつのせい」だけれど、私は「不幸な運命だったのでしょうね」派なので。馬鹿もハゲもデブもチビもブスも…「まぁ可哀想に」と思う。お悔み申し上げる。

 

だから、せめて安楽死にしてやれよ…と思う。流石に電気椅子とか首吊りとか見せしめ的な刑罰は良く無い。要するに「更生できないような馬鹿な極悪人に自分が生まれつく可能性があり、かつそれが自己責任だとは言えない」と私は思っているので誰それが社会参加させられないにしても人道的には扱ったら?と思っている。

 

世論ってそういう考え方があまり表に出てこないですよね…(´・ω・`;)復讐法的な「目には目を!」ってことばかり言う印象。そういうの何時か自分に返ってくるからね…。介護を受ける側になって返ってきたりとか…(´・ω・`)

 

救いようの無い人間なんていない!とは思わない。

けれど殺生や非道をするもんじゃない(´・ω・`)

 

殺さなきゃ何してもいい、みたいな考えがあるみたいだけど、生きながらに地獄の苦しみを味合わせるのも大罪ですよ?「いじめても自殺しなけりゃいい」とか誰かしら思ってるでしょ。次の台詞は「それが現実だろ」だ|д゚)b

 

私も考えることも言葉にすることも苦手なので、説明しきれませんが。疲れるし。けど「まともな人間」の「まともな考え方」というのがあるとは思う。私は「まともな人間」じゃないけど(苦笑)

 

思うに商業主義的な漫画やドラマの台詞が流通し過ぎて、そういう売り易い言葉で書かれた道徳(笑)の「常識」が世間的になり、そうじゃない「まともな考え」を学ぶには別のアンテナが必要なんだと思うんですよね。周りに「メンター」がいるとか「自分の頭で考える能力がある」とか。リテラシーみたいな。

 

そのリテラシーが無いと「死体蹴りして何が悪いの?みんなやってるじゃん」とか言い出すし、金で買えないものなんて無いとか言い出す。資本が全てでしょ、とか(´・ω・`)まぁ確かにそれで回ってる現実もあるでしょうけどね。普通、その論理じゃ血で血を洗う抗争から抜け出せないので。じゃあ、その倫理や常識はどこから買って来たんだ…という。

 

人工知能の話があったけれども、じゃあ陰謀論とかに陥らないために「まともな人」はどうしてんの?という…。動物を見ていると私は性善説的な働きを持つ機能があるんだと思うんですよね。それが倫理や道徳を求める方向に働くんだと思うんだけど。

 

自閉症だとか統合失調症で失われる場合もあると思う。他人を自分の身に置き換える機能…とか(´・ω・`)うーん。まぁ、人工知能に心の理論とか空気読む能力とか付与してないでしょ。思うに…。それは凄く自閉症の脳みたいになってんじゃないかと思う。論理的な「だけ」の脳ね。

 

単に鵜呑みにするだけの学習能力で取捨選択したり想像する能力が欠けてれば、人工知能なんて今回のような結果にしかならないよね、っていう…。まぁ、最初の方はアスペっぽい人工知能ロボが量産されるとか( ..)φメモメ

 

・・追記により文脈切断されてます・・

 

更生という観点の話じゃないので。更生と懲罰が一緒になってるから、ごちゃごちゃするだけで(´・ω・`)カナータイプの暴力性のある自閉症とかで精神病院に閉じ込めるしかなくなる感じの人もいるという。そういうレベルでの人間に生まれつくかも?という想像の幅をどうも持っていないと思う。悪人だの善人だのというのは。

 

反省できない人は人道的に社会参加を制限するしかないでしょ、という感じの話。

 

人間が所詮「男と女しかいない」という考えは浅い。少なくとも自閉症スペクトラムの考えを入れれば、自閉・境界・一般、という枠と知能レベルの問題がでて来る。高機能自閉症なのかカナー自閉症なのか。知的障害があるのか無いのか。

 

性同一性の問題を入れたりとか、発達段階(子供・青年・老人)みたいな話を入れたりとかするとより複雑化する。認知症になったり、後天性脳障害を負ったり、更年期障害になったり、とか色々あるだろう。

 

そういう少なくとも単純じゃない広さを持ってる「人間」という複雑な概念なんだ、というイメージを持った方が良いんじゃないの?と思ったり。

 

キリスト教イスラム教と仏教があって宗教は悪、無宗教なら「同じ人間だから」分かり合えるのに、位に思うのだとしたら、単純過ぎるんじゃないの…。「人間」の概念は月の表と裏くらいギャップがあるものだと思う。