読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

意識高い系と哲学科と心理学科と

タイトルだけの出落ち感…('ω')

 

まぁ、個人的見解ですよ(このブログの全てがね)…。

タイトルの人たちの多くって厨二病に近いものがあるんですよね。割と厨二病、好きですが。アニメ『厨二病でも恋がしたい』は面白かったですよ。

 

多分、人間に夢を持ってるんだろうな、と思うんだけど。親に幻想を抱いているのと同じで。その幻想は成長の過程で修正されなければならない、と言うんだけど。

 

例えば、師に対する弟子の憎悪や反発だったり。弟子は師に幻想を抱いているので「あなたの考えは間違ってる!」って反発するんだけども、そもそも師匠だって大した人間じゃない、という前提が欠けてるんですよね。夏目漱石が神格化された、みたいなもんで。

 

彼らは心酔して弟子になるんで、相手を高く見積もり過ぎてる。それが裏切られて(最初から自分の見積もりが誤っているのだが)大きな失望に変わる。

 

若い頃は親に対しても社会に対しても、例えば学校の先生に対しても、大人に対しても、殆ど誰しもそういう理想を抱いている(と言われる)ので「裏切ったな」と思ったりする。

 

意識高い系とか哲学科とか、心理学科の…これは医者になろうというのでなくて、自分探し系の動機で入ってくる人って、そういう未熟な部分というか世間知らず的な部分が多いんじゃないかなーと思ったりする。

 

自分には隠された潜在能力があるとか、本当の社会があるはず、とかいうのは、今市、あらゆるものについて「もっと美しいはずだ」と思いたい心情があるんだと思う。

 

親に対しても社会に対しても自分に対しても運命に対しても、何か期待しているところがまだある時期なんだと思う。だから、まぁ、ファンタジーとかSFを一番楽しめる時期ですね(笑)その頃は色々な問題に関して測りかねてる時期だから、まぁ、そんなもんっちゃそんなもんだと思いますよ。

 

イントゥ・ザ・ワイルド』(映画)あるいは『荒野へ』(原作)の青年は要は、その「期待が裏切られるべきではない」と思い過ぎた、というか…ね。現実に折り合いを付けず妥協することを受け入れず理想を追い求めた結果というか。

 

ある意味、原理主義的な理想を追い求めた結果、はあんな感じですよね。青年の「かくあるべし」ってのは、自分の見積もりに過ぎないから。まぁ、だから死んじゃうよね、って思う。

 

まぁ青年が間違っているのがどこか、というと、冬の北海道に居るのに、ここは夏の沖縄だと思ってる感じ。理想は別の地域や遠い将来のどこかしらにはあるかもしれないけど目の前の現実は現実だという部分が受け入れられないんだよね。

 

其処と此処の区別を上手く付けられない、ということが未熟ということ。但し、大人でもただ理想を諦めてしまっただけの人もいるが。どこかには理想郷があるかもしれない、というのと、みんな世の中地獄というのとは違うからね(´・ω・`)「みんな苦労している」という大人もいるが、それはそれで違うので(笑)

 

その辺は千差万別だと思うんですよね。ただ自分や自分の親は「どうやらあまり優れていないようだ」と…(苦笑)その上手い位置付けが分からないし、生まれながらに人間は「自分は他人より少し恵まれている」と思いたがる性質から「隠された潜在能力が…云々」と期待するんだろうな…と思うわけで。

 

その自分の運命に対する期待の展開の仕方として、意識高い系や哲学系や自分探し系になったりするんじゃないかな。まぁ大抵は「こんなはずじゃない」みたいな。

 

逆に恵まれ過ぎた人はそれが原因の失敗があるみたいですけどね。結局、そうしたものを卒業するには見分を広めて経験を蓄えて現実はこういう感じなんだ、という感覚を持たなきゃならない。

 

逆にいうと、そうした感覚が分かってくると、厨二病やら自分探しやら哲学やらに迷わなくて済むようになってくるんだろうなーと思うわけである。まぁ、だから多くの場合、若い頃の血迷った過去として厨二病やらが語られるわけで。

 

 まぁ、人間はそんなに大層なものじゃないよ、というね。そこが分かれば大人も自分も社会も子供も老人も生物も大層なものじゃないということが分かってくる。

 

論理や科学は優れた方法だけど、人間の性格や性質とは切り離されたもんだからね(´・ω・`)大人だって本質的には赤ちゃんプレイなんですよ(意味不)

 

最近、メタルギアソリッドやってるけど、大人の理想って大塚明夫的な声でスネークやブラックジャック気取る感じじゃないですか(笑)

 

そのシリアス調な大人(笑)が人間(理想)なんだけど、実際には成犬(13歳)くらいと変わらないと思う。

 

人間の理想はハリー・ポッターダンブルドア校長なんだけど(笑)実際はチワワ(10歳)くらいの(´・ω・`)

 

まぁ、人間ってブルドックみたいなもんなんじゃないか、と思うんですよね。容姿はいかついけど性格はそれに見合わない。まぁ、品種改良された結果でもあるんだけど。闘犬みたいな気性の犬の飼養が問題になってましたが、別に犬猫が僕らが期待しているように全て可愛い性格というわけでもないんですね。

 

ちなみに僕はチワワが嫌いですが(´・ω・`)アイツら脳味噌少ないから…(偏見)

 

ただ犬猫の逆で人間は容姿は可愛く無いから性格は賢明だと思いたがる節があるというかね…(´・ω・`)教養があってお行儀が良いはず、というか…。実際は人間なんていい歳したおばさんがロリータ服着てるようなもんですよ。

 

逆にね、大概、賢明なフリをしてなきゃいけない、っていう。そんなにイメージ程、人間は賢く無いのにね。計算はできるかもしれない。勉強はできるかもしれない。けど道徳的に思ったほど賢明じゃない。

 

けど賢明なフリをしてなきゃいけない(笑)賢明さが如何なるものかを知っているように振舞わなければならない。

 

だから、若しかしたら、家ではおしゃぶりとオムツを装備して赤ちゃん言葉で妻に甘えたいと思うかもしれない…|д゚)そんな醜態を晒すくらいなら僕は死ぬが。犬・猫になりたい、という人は割といそうですよね。

 

鳥になりたいとか貝になりたいとか…(´・ω・`)まぁ、リア獣になりたいもんですね。みんながおしゃぶりを咥えたいかどうかは知らないけど大人でもそんくらいな人もいるんだろうなと思うわけで。

 

まぁ、某芸能人の不倫の話とか聞いてるとそんな感じかな?僕自身は不倫は須らく死ねと思ってるけど(笑)一方で夫や妻、父や母という「しっかりしていなければならない」プレッシャーがキツイって人もいるのかもね。彼女ならTVのイメージをしっかり果たさねばという一方で自分はそんなに大人ではないし他人に甘えたい…とか。想像ですよ?

 

人間なんてそのレベルに自制の毛が生えた程度だと思うんですよね(+_+)だから一人じゃ寂しくて生きていけない、なんて言うじゃないですか。成人した人間が鉄の自制心と正義の魂を備えているようなイメージってありますけど(´・ω・`)そこまでの期待は人間にゃ重いわけですね。

 

そんなに人間の精神性を過剰に見積もっちゃダメだなー…(´・ω・`)不倫は許さないけどね(ぁ

家政婦のミタ』とかその辺を描いてたわけですけど。人間に期待し過ぎなんですよね。父親にせよ、子供にせよ、母親にせよ。で期待されてるんだろうなーという重圧に勝手に押し潰される、という。

 

大人はスーツをビシッと着てるけど、実際の大人なんてのは私服だかんね( ..)φメモメモ

 

喩えて言うなら。

 

まぁ、人間自体にピシッとしたスーツを着せて高く見積もってるんじゃないの?という話。

 

機動戦士ガンダム』のシャアみたいな感じですよね。実際はマザコンロリコンじゃないですか(笑)で、そういう私情から人類に幻滅して核落とす、アクシズ落とすとか( 一一)話を大きくし過ぎですよね。

 

非常にゲーム的な。そんなことで世界レベルにことを大きくし過ぎだろ、っていうね。本来、火曜サスペンス劇場くらいの悲劇しか無いだろうに…。

 

人類を滅すとか言ってるけど、他の動物についてはどうなろうと言及されないしね。人間は残酷なのかもしれないけどさ、他の生物の罪状はなんなんですかね?シマウマの罪は何なんです(´・ω・`)草を殺害したとか…?ライオンの食欲を煽ったとか?

 

人類を滅ぼす!自然のために!核を落とす!世界を滅ぼす!自然のために!

 

いや、自然滅んでるだろ!という(´・ω・`)ほんと戦争とか見てると、銃や剣や爆弾を持ってるがために被害が大きくなってるだけなんだろうと思うんだけど。牙と爪だけなら、そんなにならないんじゃないの?

 

やってることは他の動物と何も変わらないんですよね。縄張り争い的な規模が大きくなっただけで。その根底の精神や原理は動物的な理由から一歩も動いて無い訳で。所詮、資源の奪い合い。

 

なのにそれをシリアスな戦争に苦悩してる俺、格好良い・知的、みたいなイメージでやるけども。タバコと硝煙の臭い…クールdaze。みたいな。

 

印象に酔ってるだけっていう( 一一)数学や科学も所詮、ロジックのパズルを弄んでるだけ。なんでハードボイルドでロックなイメージになるのかな(´・ω・`)冷静に考えようぜ…。

 

精神的に何か他の動物と比べて格段に尊敬できる何かって、人間には特に無いんじゃないかと思うんだけどね( 一一)その辺も自分たちは進化してると言いたげだけど。そんなことは無いんじゃないかなー…と思うわけですよ。