読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

二次元と三次元の違い

前に書いたような気もするが…。

 

要はティディベアと熊の違いだと思う。ティディベアになりたい熊だとか、ティディベアと熊を比べて、熊は無能という人だとかいるけど…('_')

 

熊が「ぬいぐるみ」に嫉妬しても滑稽なだけである。人が「二次元」を愛したとしても、それは「ぬいぐるみ好き」に過ぎない…|д゚)「スイーツ男子がキモイ」とかそういうレベルである。

 

「ぬいぐるみ」で自慰するとか、そういうレベルである。熊とリラックマを同一視してはいけないのである…。二次元に情欲を抱くとすれば、人形を家に「迎え入れる」とか、等身大ドールを嫁というのをマジでやってる人と同レベルである。

 

「3次元に相手にされないから2次元に逃避している」というのも、まともに考えれば、無理があることに気づく。単に「ティディベアが好き」で良いではないか…('_')

 

2次元を生きているかの如く幻視しようとすればタルパのようにするか、アスカのママのように、人形をアスカと取り違えるか…と言った感じに見える。それは3次元的な現実に充足できないから、その補填として2次元をイメージの依代に仕立て上げているだけで精神病的な逃避に過ぎない。2次元の存在の向こうに3次元を見ているので、2次元を愛しているとは言えないのである。

 

「なのは」でフェイト・テスタロッサの向こうに死んだアリシアを見ている母…的な感じである。二次元と三次元を比べてもナンセンスである。

 

幼女と二次元少女を同一視しているかのような風潮があるが、幼女は二次元では無いので、風評被害甚だしい。ロリコンは二次元少女を愛しているのであって、幼女を愛しているのではない。

 

大抵の場合、現実の幼女に興味など無い。これに興味を持つのは、同一視しようとした結果だと思える。二次元少女と幼女を。変態はビョーキであり熊とリラックマの区別が付かないのである。

 

エイと性行した絵があったが、そのように何にでも3次元を投影できてしまうので、そのまま錯覚し続けられる人間もいるであろう。所詮、同一視と分かっている者、ただの酔狂、あるいは認識の足りない馬鹿か精神を病んでる人…その辺りが人間とニンゲンを同じだと倒錯するのである。

 

「ちょびっつ」もそうだが、ロボ子であっても「人間」だと言い張るのは錯覚しやすいため、そうすべきでは無い。他の存在だが自分はマニアなので「それで良い」というのが正しい見解である。