LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

くまみこ と REゼロ 3話 感想

今期は「くまみこ」がお勧めかな。

 

REゼロはお勧めはしない(笑)スバルうざいですよね。ただ、そのうざさも物語の勘定のうち。スバルがエミリアに否定されてからが本番だから(´・ω・`)

 

ただ1期でそこまで行くかな、行かないんじゃないかな、みたいな。エルザ戦もアニメはそんなに面白く無かったですね。描写が冗長で。苦戦感がイマイチ感じられなかった。

 

ラインハルトも私の想像とはキャラデザが違うというか。もうちょいイケメンにして欲しかった。

 

「くまみこ」は安定して面白い。主人公の声が好き。可愛い+エロい。ロリエロ可愛い('_')

 

まぁ、去勢された熊=理想的な父親という感じですかね。父と娘の日常的な…(´・ω・`)「こんな父親が欲しかった」的な話なのだろうか…。そう考えるとエグいな。女性作者らしいが…。

 

まぁ、くまみこは、REゼロと違いアニメーションにセンスを感じる。REゼロは小説に絵を付けた感が強いかな。小説・漫画・アニメ・実写と違う表現技法で違う強みがあるんだから、というところを造り手がよく理解しないと良いアニメにならないなー…みたいな。

 

「くまみこ」はその点、アニメの強みだなーと思える。EDも好きです。男女の掛け合いで上手くいってる萌えアニメってあまり見ないので。

 

「繰繰れ!コックリさん」に似た関係。男は去勢されてないとダメなんだろうな…(笑)「未確認で進行形」も相手は犬だし。高橋留美子の「らんま1/2」とか。

 

女性主人公に性的な目を向けちゃダメなんだと思う。性愛は愛に非ず、的な。セックスを消したいんですよね。男女関係において。

 

だから、日常ものは、男だけか女だけか、みたいになりがちな気がする。恋愛感情を排除したい、というか(´・ω・`)セックスというのは恋愛なんですよ。

 

極論を言えば、目と目が合った瞬間でさえも異性間には恋愛勘定?が生じるので色目を使ったと見做されれば浮気です(´・ω・`)

 

癒しアニメや日常系は、そういうのが面倒なのでシャットアウトした空間を作ろう、みたいな話なんじゃなかろうか…。

 

ただ恋愛というのも人生に潤いを得るための手段というかね…。要は生きる活力を得る為に必要な活力の一つみたいな気はする。誰にとっても。

 

結果として遺伝子を残す羽目になる、というだけで、花の蜜の香りに誘われる蜂みたいなもんですよね。

 

だから青春学園ものみたいな甘酸っぱい、きゃっきゃうふふ(死語)な要素って誰しも求めてるんだと思いますよ。理性的に抑えているだけで。犬が腰振ってくるみたいなもんで。あれって遊びであり好意を示しているというか…(´・ω・`)

 

思うにSEXもその感情の延長でしょう。少なくとも男性の脳的には。年寄りの恋愛を描く映画とかあるけど、異性を求める気持ちに年齢は関係無いのかもしれない。

 

とは言え、30歳差の恋愛とか私は全力で否定しますが(/・ω・)/少なくとも子供は産むな。不幸な子供が増えるリスクが増える。男性の高齢化が自閉症の子供を作るリスクを増やすらしいからね…。

 

せいぜい10歳差ですよ。親と子くらい離れて恋愛してる人を私は差別する。他人と対等な関係が築けないんだろうな…とか。

 

私は対等さに拘るんですけどね…。

 

私は発達障害系の女性を嫁にしようとする男性も定型であろうと差別する。

 

障害のある女性を好きになる男性みたいな話で「こんな障害があるから誰かが守ってやらなきゃダメなんだ」と言って、そのことに依って自尊感情を保ってる男性というか…(´・ω・`)

 

弱みに漬け込んでる自分自身にある日気が付いて自己嫌悪したりしないのかな…と思う。

 

まぁ男性か女性かは関係無いですが。共依存的な関係というか、相手に依存したくないんですよね。敢えてそうさせようとしてくる人間が嫌い(´・ω・`)

 

ADVゲームで多そうだけど。私がいなきゃ生きていけないでしょ?みたいな状態に持ってく人。でヒロインも「その通り」とか言う。

 

私はそういうの嫌いですね。不健全な気がして。母親とか多いんですよ。このタイプ。子供に人生を捧げたから、あなたも私を見捨ててはいけない、みたいな…。恩を着せて情に縋るタイプ。

 

そうしないと私が誰にも顧みられないじゃないか…みたいな。そんな付き合い方をして疲れないのかな…と思う。私は恩も情も着せたくないので( 一一)

 

仕事を「ありがとうと人から感謝されるためにやっている」という人は感謝されないことに腹を立てたりするじゃないですか。一方私は何であなたの存在意義のために私が感謝してやらなければならないわけ?と思う。

 

感謝分が給金でしょ、と( 一一)

それ以上何を求めているんだ。感謝してあげたら私にお金くれるの?と思う。チップ制ですよね。感謝というチップを払わなければならないと思っている人がいる。クエストをクリアしたらそれが貰えるべき、みたいな。

 

育てて貰った恩を忘れたのか!みたいな(/・ω・)/

 

お前が言うな、という。「頑張ったんだからご褒美ください」と言ってるわけですよ。彼らは。君が勝手にやったのだろう…。誰も君に頼んでいない。

 

人から感謝されるのが労働の遣り甲斐である、という理屈もやはり押し付けがましいものを感じる。私はそれで納得できないし。喜んでくれる人がいてうれしいでしょ?と問われる。別にうれしく無いけど。

 

そう言うと溜息を吐かれるわけである(苦笑)なぜ私に同じ理解を求める。私とあなたは同じじゃないんだ。処置なしと言いたいのかもしれないが。私は健常者では無いから全て自分と同じだと思わないで欲しいな。

 

労働をする理由は違ってくる。表現をする理由は、昔は自己表現のためだった。最近は自己承認のためだったりするらしい。表現をする理由が「自分を表現したい」と思い込んでいる人が多いらしいが、表現をする理由が「自分が人から認めて欲しいから」という人もいるらしい。

 

恋人が恋人の趣味に合わせるみたいに、表現者が読者の趣味に合せるように創作するということが言われている。

 

労働に自己実現を求めたり、あるいは自己承認を求めたり、自己表現を求めたり…「感謝されたら嬉しいでしょ」なんてのはあくまであなたの理由なわけで。

 

無論、結婚の話も同じであろう。30歳差で結婚する人には、その人たちの理由があるのだろう。ただ私はそういう理由に無理解なだけ。無理解だから同意もし兼ねるという表明。