LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

陽キャ、陰キャという言葉が流行っているらしい

陽キャ・陰キャという言葉を最近耳にする。どうも嫌な気がする言葉である。人を彼は陽キャだとか、彼は陰キャだとか診断するのだろうか…。そして「陽キャにするには…」とかそういうことが言われるようである。

 

陽キャであることが求められる…とかそういうプレッシャーを受けるのだろうか。とは言え、この言葉は人間性を簡略化し過ぎていると思うが…。人の性格なんて陽・陰なんて二項対立では表現出来ないものだろう。

 

例えば「穏やかな人」は陽キャなのか陰キャなのか…。陰キャであることが悪いことででもあるかのように取られる可能性が無いとは言えない。例えば、学校なんて幼い精神では、暗いことで簡単に叩かれる可能性だってあるのでは無かろうか…。

 

要するに僕からして、これは差別用語なんじゃ無いかという疑惑を持ったわけである。

 

成長と共に、あるいは加齢と共に人の意識の働き方は変わってくるものと思われる。僕が10歳だった頃と、今とでは感性が異なる。まぁ、学校という渦中に居たことも影響して、そこでどのような雰囲気が漂っているのか、それに対して自分はどのように佇めば良いのか…その仕方が、要するに平成と昭和の生まれで異なって来るんじゃないか。

 

若者の感性は当時の僕の感性と比べて異なるんじゃないか。学校というシステムの住み心地と言うか、そこに居る人の振る舞いにしても、過去と今とでは差異があるのでは無いか…。

 

特にスマホの普及によって、若者の日常の過ごし方はかなり変化していると思われる。僕の頃はSNSなんて無かったし、例えば、mixi等で密かに情報共有のチームが出来ていて、自分だけハブられている…なんてことも殆ど無かったのである。

 

クラスメート全員が共通のSNS等に繋いで居るとか、LINEで繋がっているとか…そして、そこに自分は居ない…とか。そういう陰口の進化版みたいな排除の構造が技術革新によって起こるようになってきたのでは無いだろうか…。

 

それに加えて、他にインターネットが小宇宙化してきたのではないかと最近感じることがある。万人に開かれた場であったのが、インスタグラム等の匿名性を排除した保証(セキュリティ)された繋がりの場が主流となることで、そこに参加出来ない人が情報から排除される。

 

例えば、インターネットの検閲が増えることで、自分の欲しい情報にアクセスできるとは限らないという事態が増えて来たように思える。情報を発信するということが、例えば著作権に引っかかるなどして、消極的になり、情報が流通しなくなってしまう、とか、そういう問題が顕在化して来たのでは無かろうか…。

 

自由であった空間から、検閲される空間へとシフトして行ってしまうのではないか。情報はお金で買うべし、みたいなルールが敷設されて行くのでは無かろうか…。そうなって困るのは貧困階層の人達である。

 

貧困層でもPCがあれば、文化的な生活がある程度享受できるような状態にあったのが、今後、情報が統制される中で、お金が無いから情報を得ることが出来ない…という風に変わっていってしまう。

 

そうすると情報格差…みたいなものが貧富の差としても比例してきてしまうように思えるのである。情報の自由な発信の場であったことでインターネットは貧富の差の拡大をある程度阻んで来たように思う。

 

けれど、その構造が変わって、無償というサービスが奪われ、労働の対価として正当な報酬が支払われる状況が皮肉にも、有能な人間とそうでは無い人間をまさに分割して行ってしまうだろう。

 

そこで起こるのは文化的な生活の格差だろう。情弱とか、そんな風に呼ばれる文明を上手く使いこなせない層と、情強とか、ITを上手く使いこなして行ける層との生活のスタイルが隔絶して行くのでは無いだろうか…。

 

PCを使わない人、スマホを使わない人…ネットマネーを使わない人そういう人が便利なものから取り残されて時代の進化に付いて行けず、放置されてしまう。ある程度は力技で何とか出来るのかもしれないが…「情報技術を取り入れる」という思考をするか、しないかで、過去に生きるか、未来に向かって生きるか…というようなことが分別されていく。

 

 

 

 

夢診断のための夢日記

学校らしき施設に僕は来ていた。久しぶりの学校らしい。

クラスには辿り着けているが、自分の座席がわからず、知人に聞くも「知ってるわけないでしょ」と言われる。

 

黒板には以下の生徒を強制的に別のクラスへ移すと書かれており、僕の名があった。

 

僕は自分の物置棚を探す。そこには荷物…コートだろうか、が汚らしくも置いてあった。僕はコートを取って教室を後にした。その時に、僕のことを揶揄するような生徒が居たような気がする。

 

僕は、けれども、帰ろうとする。階段を降りるのだが、階段は非常に傾斜がついていて、手摺に寄りかからねば降りれぬ状況。

 

降りるのは怖い、けれど、降りる。その途中で、友人に会ったが、友人の夢の話を聞こうとしたら直ぐに消えてしまった。

 

僕は階段を降りて、帰ろうとしていると、テーブルに放置されたガンプラを見つける。それはガンプラの表面と本の裏面を持っていた。

 

それをもって、持ち去ってしまおうかと考えて僕の夢は終わった。

 

閑話休題

 

僕は、学校を辞めることにした。それで荷物を持ってお大勢が授業を受けるために教室に居る中で帰り支度をして帰るのである。それを見咎めようとする人も居たが、僕は立ち止まらない。

 

学校には居場所が無かったが、悪夢と言うと学校の夢ばかり見る。降りる階段は急で…それが何を象徴するのかは分からないが…

 

まぁ、ロクでも無い場所から出ようとする夢だろう。

 

義務からの開放とか、集団社会からの脱却とか…。僕としては人間からの開放とかが良い気がするが…。まぁ、そうするために行動するんだけれど、中々出ていけないという。只、僕はそういう場所が自分の場所ではないと確信して、周りに合わせずに、自分が自由な世界へ直行してしまう訳である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日記 徒然草 くっ殺せ…!

vitaが充電しないんで色々弄っていたんだけれど、修理に出すかと言って、初期化しないとならないらしくて、でバックアップしてリストアしてデータをメモリカードに写したんだけど、

 

メモリカード内のデータまでリストアで上書きされてですね…全部消えました…orz

 

くっ、殺せ…。

 

私の200時間くらいが…。

いや、まぁ、まずい気はしないでもなかったんだけど、上手くデータだけ移せるんじゃないかと思ったんだけどね…消えた。ホロウ・フラグメント…orz

 

うわ~2度とやる気しないんだけど…。ものを捨てるべきでないと言ったら、プチミスでもってかれるという…イースも逝ったぜ…。もう少しで無人島から出れたのに…っ。

 

あぁ、もう暫くやらない。ゲーム機には寿命があるということを今回、心に刻みました…。PSNなんかもミスって消えましたが…。そうすると、ゲームアーカイブスが取り戻せなくなるというね…

 

くっ、殺せ…!

 

右腕も左足も持ってかれたわ…。vitaの初期化とか禁断の錬金術だったな…。死者を生き返らせようなどとは許されざる業…。もってかれた俺のセーブデータ…賢者の石なら…。

 

 

日記 徒然草 死にたいと生きたい

自殺サイトの関係する殺人事件が報じられてから、自殺サイトに投稿する人とか、死にたいとSNSで呟く人が取り上げられる。

 

SNSが構築されてからも、若者の自殺率とか、そういうものに影響は無いとか、ニュースでやっていたけれど。

 

大凡、死にたいと言う投稿を実名や実名を晒す必要のあるSNSで投稿する人は少ないと思う。そういう投稿を実名でする人はその時点でどこかズレていると私は思う。

 

助けを求めて死にたいと警告する人がまともな人なら、まず現実の誰かや或いは施設に頼ると思うからだ。

 

親・学校・先生・友人・市役所・警察・児童相談所…etc。まぁ、掲示板(BBS)に投稿してみる…とかもあるかもしれないが。

 

匿名の場合は、露呈の仕方は色々と考えられると思う。このブログだったり、ツイッターだったり、他のSNSであったり。

 

私はインターネットを現実に繋げない…というか、OFF会に出るタイプじゃないから、自分を晒すことはしない。

 

だから、フェイスブックなんかも利用出来ないんだけど。mixiとかね。私は誘われもしなかったが…。

 

まあ、当然ながら、匿名のSNSと実名のSNSとは発言する内容は異なるわけだ。

 

そうすると、実名のSNSでは私は死にたいとか書かないと思う。そういうキャラクターじゃないとか、そうすることで弱さを吐露することで色んな関係性が崩れることを恐れるとか、そういう理由で。

 

物語では、インターネットで知り合って現実で会うということがよくあるけど、現実にはネットの知り合いと現実で会うのはリスクがあると思う。

 

まぁ、援助交際とか、ネットで知り合うだけで簡単に何度も会ったりするのかもしれないけれど、実はそれってかなりのリスクを何度も犯しているんじゃないかね…。

 

大分確率の低いロシアンルーレットを何度も回してる感じ。だから、フェイスブックとかは実名で身元を明らかにして付き合うルールがあるんだと思う。

 

ほら、毎年10万人が闇の世界に巻き込まれる…的な話。交通事故にあったりね、%の世界では起こるので、くじ引き的に誰か引いちゃってると思う。

 

ネト充のススメ」を見ているんですが、ネットで出会って、現実で会うっていう展開は、かなりリスクがある。

 

まぁ、ネットゲームで相当な関わりを持った相手なら、それほどでも無いのかもしれないが…私なら見限られるとか「ネト充のススメ」の主人公も現実の私を知られたら…(汗)って感じだし。

 

私なら良い相手と知り合えても、リアルのやり取りで亀裂が走るからな…。必ず、そう。

 

まあ、当人の地雷度はおいておこう。事件の犯人は「頭のおかしい人」を探していたようだからね。

 

逆に助けてくれるNPOみたいのもあるみたいなんだけどね…本当に助けてくれるのか、みたいな。

 

まぁ、とりあえず最寄りの…評判の良い精神科を受診するってのが適当かと私は思うが…。適切な行動に自分を導いてくれる場所に身を託す、とか、教えを請うというか。

 

ま、どうなんだろうね。自己責任を負ってくれる人を必要としているというかね。イメージ的には、精神科とか役所とか何か然るべく的な公的な相談機関に行かないと、宗教組織に行っちゃうとか…。

 

ああ…そうだよね。オウムとか。宗教に行っちゃったりもするのか…。民間療法的な…。だから、自殺サイトで「殺してください」とか「一緒に死にましょ」とかもあるのかもしれない…。

 

精神科もね…あれなところもあったから。個人でやってるところほど、事前にちょっと評判を調べとくと良いと私は思うな。

 

メンタルクリニック…とか、そういうラフな言葉の方が良いなら、そういう医院に行くとか、まぁ、合う先生を見つけて欲しいと思いますね。心療内科…とか、そういう。

 

心の病気とか云々より、死にたいとか、辛いとか、そういう気持ちを抱えかねてることを相談しに行くとするなら、そういう場所かな…とか。

 

そういう場所にケアワーカー/ケースワーカーみたいな人が居て、福祉サービスと繋げてくれたりするかもしれないし。

 

学校ならスクールカウンセラーがまずいるか…と思ったし、会社なら産業カウンセラーみたいな人がいるのだろうか…。

 

まぁ、誰かに教えて貰うわけですよ。これからどうしたら良いでしょうか…って。自分にはわからないなら、他人に頼る…と。

 

洞爺湖か…世界ジオパークっていうらしい。ほほう。

 

他人に頼るにしても、誰に頼ったら良いか、っていう話でね。それを誤ると、まぁあまり良くない。

 

まぁ、けどね無慈悲なのは、時には選択の自由が自分に無いとかね…そうすると自分の意志とは関わらずに嫌な場所に行かなければならなくなったりとか…。

 

まぁ、やっぱり死にたくなるかもしれないのだが…。だから、最終的には自分である程度選べた方が良いのかもしれない。

 

ま、難しいですよね。自分の居場所がきちんとあって、自分がそこに上手く収まるっていうのは…。

 

自分の人生を豊かに過ごすために上手いピースが揃っている人もいると思うんですが、まあ、無いというか、寧ろ自分を苦しめるピースがあるから苦しむんだろうと思うんですが…。

 

そのピースを何とか出来る人もいるんでしょうけどね…まあ、自分が無力な場合もある。

 

父子の確執とかね。「斜陽」とか、同仕様もない凝り(しこり)みたいのってあると思うんですが。長年の因縁を無くそうと思うんだけど、頑なで無くならない…と。

 

私とか、人間関係のある場所に落とすと、凝りになりますからね…私みたいのが居るので凝りが凝りのまま残ってしまう…のかもしれないが、私からしても、そういうのが無い場所にいないと、勝手に不幸になるんでっていう。

 

厄介なのは不適応なのは自分自身という話で、もしかすると他人は何故か適応できていたりしてね。

 

そうすると自分が悪いんだーってなって、延々責められるという。「いや、別にいいじゃん」って言って貰いたいんですけどね。何か変わることを求められる、という。

 

今の時代、変化に適応出来なきゃ死ぬよ?みたいな話の中で、いや、俺は俺だし、変えるとか無理だし、寧ろ、何で僕の程度を許容できないのさ?みたいに思う僕自身がまあ適応障害なのかなーと思ってみたり。

 

あぁ、変えられないわ。死ぬわ、もう。いいよ。ってなるんだよな…。

 

食レポとか嫌いだな…。いや「あぁ、うん。美味しい」くらいでしょ。何かリアクションを期待されても困ると思う。淡白なリアクションでいいのに、と思う。

 

閑話だな…。

 

Air的に「もうゴールしてもいいよね」とか、ネロ的に「パトラッシュ僕もう眠いんだ…」とか、『人生の辛酸について』~風鈴

 

的な…心境ですよ。あれで綺麗に死ねると良いんだけどね。辛酸を舐めようが、何を舐めようが中々死ななかったんですよね…。

 

もうね、エターナルフォースブリザードとか食らって永久凍土に封印されたい。永久に眠りたいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主人公機は乗り換えで強く進化するべし

ゲームでもアニメでも主人公は1度負けて強い機体に乗り換えて無双する…とか、そういうお約束が結構好きです。

 

ガンダムSEED何かは、そういうのをクドいくらいやってたから、まぁ、やり過ぎって感じだったんだけど。

 

FFで言うとリミット技とか、Gガンダムで言うと、金色になってキングオブハートが出たりとか、そういう段階進化的なのが好き。

 

シャイニングガンダムが多分最初かなー…、第二形態になるMS。ニューガンダムサイコフレーム開放状態になれるっていうMGプラモが販売されて、それからユニコーンになって、みたいな。

 

MGだとサザビーも内部露出状態になるんだけどね。MGサザビーはよく出来てた。が、手が抜けるという…。ライフルを持たそうとすると、手が抜ける…とか。剣を持たそうとすると手が抜けるとか…。ロングライフルとかバズーカとか、保持すると微妙な格好になったりするのが多いと思う…。

 

ユニコーンバンシィが欲しいなぁ。RGはよく出来てるけど、壊れやすくてね…。太もものスライドする機構とか。ウィングゼロカスタムを作った時に割れて…(汗)

 

パーツが飛んでいって無くなったり…。RGは結構辛い。特に思うのは目のパーツにシールを貼るとか…。凄い小さくてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5万人が行方知れずになっている

そういうことをニュースでやっていた。自殺者も合わせると10万人位は何かあるんだろうね…。

 

2ヶ月で9人?とか衝撃的なニュースだけど、そういうのって久しぶりだよね。けど、5万人位は何か巻き込まれてるんでしょ。

 

うーん…自殺志願者を殺してあげてた、みたいな感じなのかな。自分の中では「セーフ」だったのかもしれない。Dr.キリコみたいなものだよね。

 

首を集めてたとか…異常だよな…。色々、短絡的な感じもする。そりゃ露呈するよ、って思うけど、逮捕までの流れがドラマっぽい。

 

「死にたい」人を合法的に死なせる制度とかあればわざわざサイトに投稿する必要とか無いのにね…。若く無くても終活とか考えても死にたい人は多いでしょ。

 

まぁ、それでもね、何とか生きていけるようにフォローするってのが、現代社会の考え方のような感じはするけど。

 

「死にたいってのは何か問題を抱えているせいで、それを解消してやるのが必要だ」みたいなね。

 

でも、死ぬことを許されて良い状況、ってのも結構あるとは思う。生きることが厳しい、苦しい、ってのは、色んな人が書き綴ってるからね。

 

それでも、死ねないから生きるんだ、と私などは思ってみたこともあって。そう思って生きてる人がどれだけいるかは、知らない。

 

何とかね、死んでみようとはするんだけど、死ねなかった。怖いから。痛かったり、痛そうだったり、まあ、何かミスったりとか。

 

それで自分じゃ確実に死ねないというんで、殺して貰いたいと望んだりするのかもしれない。自分で死ぬ…っていうのは中々難しいんじゃないか、と。

 

私みたいな人間は正常な世界に居ないけれど、外の世界の多くは正常な世界であろうとしているのかもしれない。

 

まぁ、そうではないのかもしれないが…。社会から決められたルールを遵守しようと頑張っていった結果、社会に秩序が築かれていく。

 

性善説性悪説があるが、日本人の多くは制度と多数決的な常識に沿って、社会的である自分を通していくという感じで良いとか悪いというよりも良いレールがあると良くなるという風な気がする。

 

「郷によっては郷に従え」というものがあって、更に、そこに自分を合わせていった時に、問題がある時に告発する…とか、そういう形で問題を露呈させ、改善させるか…という議題に載せて、

 

その工程を繰り返して、社会と人間性のバランスをとって、個人の居心地が良くなっていく…。そんな感じで変わってくんじゃないか、という風な気がする。

 

普通の生活とか、模範的な生活とか、そういうものを歴史を遡って調べても、時代ごとの「普通」とか「模範」しか出てこなくて、暮らし向きは大なり小なり変わる。

 

体罰はしていい、いや、してはダメだ、とか。昔は自己判断だったこういう問題が、ルールとして「駄目だ」とか変化していく。

 

自己批判できる社会では、上手くアップデートされていく、と思うけどね。上手く自己批判できる社会では…。

 

社会≒コミュニティ。自分が参加するコミュニティが異常だと、自分も異常にならざるをえない、あるいは、異常な方に舵を切っても許されてしまう。

 

小中高とまともなコミュニティに属していたか否かとか。まぁ、そういうのも人の性格と関わってくると思う。特にいま現在どういう場所に居るか、によって他者との関わり方に影響を受ける。

 

パワハラ的な環境に居ると、後輩が出来た途端、高圧的に接したりとか…まぁ、自分の行動を縛ってくれる枷であったりもするし、逆に、そうして良いんだ、という風に解して、そういう風に振る舞って良いんだと思って、そういう行動を取る人物に変じてしまったり…とか。

 

そういう時に諭してくれる人とか、まぁ、システムとか、OBの人とかに相談して諭してもらったりとかね、そういう繋がりがあるかどうか、とか。

 

まぁ、その繋がりが「黒い繋がり」とかだと駄目かもしれないけどね…。自分が狂ってない善的な人に恵まれて生きて来られたか…とか。薫陶を受けられたか、とか。

 

コミュニケーションを通して「まともさ」を保って来られたか…とか「まともさ」がどういうものか知って来られたか…とか。

 

どうなんでしょうね。どこから狂ってしまうんだろう。なんか決壊するんだろうか。ずっと、助けてもらえないとか、自分が支えるべき重圧に耐えかねた…とか。そういう時に外に助けを求めて、助けてくれるとしたら、何とかなるんじゃないかと思うんだけど。

 

じゃあ、助けてくれるシステムが無い時、にどうなるか、という。為す術も無いとか、残酷になってしまうとか、暴力的になってしまうとか、そういうストレスフルな精神的な状態になるんだろうか。

 

私は怒るとか笑うとかあまり出来ない人間なので、そうしている人がなぜ怒ったり、爆笑したり出来るのか分からない。

 

極道的な人間とかさ、どういう来歴を至れば、そういう人間が形成されるんだろう…とかね。まぁ、私も大分変な人間らしいのだけれど。

 

元から社会に適応出来なかったのか、何かトラブルがあって適応出来なくなって行ったのか。

 

ま、最初から適応出来なくてズルズルと適応出来ないままの人生を送ってきたとか、そういう人って、何らかの形で落ちていってしまったり、

 

駄目な米を振り分けるみたいに…。そうすると、良いコミュニティに出会える機会が減るんじゃ無いか…とか。

 

そうやって出来た渦に10万人くらい巻き込まれるのかなぁ…とかね。短絡か。

 

最初は自殺する3万人に自分が入ってるんじゃないかな~と思って生きて来たんだけどね~…。

 

犯罪心理学とか学ばないと分からないか…きっと。

 

人生に詰んだ時に、分岐するのかもしれない。異世界に落ちるとかね。空から女の子が降ってきたり…。

 

いや、無いけどさ。まあ、詰んだ時に助けを求めて、ちゃんとしたところで助けて貰えるかどうか、っていう。じゃないと、闇のマーケットとかに行っちゃうんじゃないの…?

 

この話題はこの辺にしておこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耐えられる嘘か耐えられない現実か

やらせがある番組を視聴者に耐えられる嘘を提供する番組と仮定し、やらせの無い番組を視聴者が耐えられなくても実際を放映する番組と仮定するなら、どちらを取るか。

 

「台本がある」ということは「想像が付く」ということで、番組側からすれば「放送事故」を避けるための仕組み。100均の番組ならライブ感を出すために嘘をついているとも言える。

 

まぁ、それでワイプでタレントがリアクションを取る、っていうのが私的にはトドメとしてグサッと来るものがあるけど…。所謂、日本AGE番組というらしいが…。

 

私としては海外の人に迷惑をかけに行ってるように見えてね…。まぁ、でも、じゃあ保険を掛けずにやるってなると、危ない番組が多いから、監修を付けるってのは当然だと思う。

 

例えば、殺陣とかね。アクションものにスタントを付けるとか。事前に打ち合わせるとか。

 

「いってQ」とか「ダッシュ村」とかね。あぁいう身体を張らせる番組になるほど、保険を掛けないと危ないし、そういう安全に気を使ってるって部分は寧ろ見せていいような気がする。