読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LittleBear Communication Disorder's

発達障害者の適当な日々の考察と日記

自己啓発何某というトラップ

精神的な麻薬とか言ってた人がいるけど…(´・ω・`)

発達障害者には特攻ですね。

 

「溺れる者は藁をもつかむ」という感じで、簡単に釣れます。私は風水とかパワーストーンとか占いとかも好きです。無駄に縁起を担いでみたり。

 

コミュ症引きニート自己啓発本を読んで、コミュ症や童貞を何とかできると思い込む。俺は拗らせてるだけなんだ…。本当の俺は…。

 

う~ん…前に書きましたね、こういうの('ω')シンデレラストーリー求めてる。多分似たようなことしか書かないので、覚えてる人はこういう記事はスルーしてください(*ノωノ)

 

私の周りにも、そういう人がいて「この本を読んで俺は変わったんだ。いや変わって見せる…人生はまだ終わっちゃいねぇ!」って言う人がいたけれど、それって死亡フラグだと思う。

 

現実の話ですよ。やる気になっている当人には死亡フラグなんて見えないんです。私は水を差すのも悪いからスルーしておきました。「発達障害のお前に何が分かる」と言われても困りますしね。自分が傷つくと分かっているスイッチをわざわざ押してやるほどの義理が無かったので…(´・ω・`)

 

それからその人がどうなったのか、知りませんが、まぁとりあえず死んではいないはずです。

 

ただ、ジェットコースターみたいに徐々に上がって急降下という絶望を味わったのではあるまいか…気分的に。やる気になるのは結構だけど、周りが見えなくなるんですよね。思うに。

 

「思考の渦」とかも言いましたけど、自分の経験上は、自分の考えに浸って、周りが見えなくなった結果、信号無視したり、電車で乗り越したり、階段を踏み外したり、自転車が横転したりしました。そういう視野狭窄発達障害の抱える問題なので、やる気になったり思考に嵌り込んだりすると、事故る。

 

自分が動くと碌なことにならない⇔行動しなきゃ何も変わらない

 

という心理的状況を往復して、そのうち運命に絶望する、というテンプレ。哀れなる反復横跳び…。まぁ、自己啓発本はその流れに身を投じさせやすいんですよ。思うに。30、40歳にもなって、その工程を繰り返すのは見ているのが辛い。

 

あぁ、お馬鹿さんなんだな…と思う。とは言え、自分の脳とかどうこう出来ないからな…。どれだけ勉強しても自閉症の脳がどうこうなるわけじゃないので…('_')ペンギンとか見て「馬鹿だな~、警戒心の欠片も無いな~」と思うのと同じ。

 

人間って、そんなもんですよ。私も「そんなもん」の辺りにいるのですよ。馬鹿なんですよ。ゴールデンレトリーバーと馬鹿チワワくらい人間自身に生まれながらの格差ってあるんで( ..)φメモメモ。なぜ身長と見た目だけだと思ったのか…。

 

えっ?私ですか?チワワ?嫌いですよ。だって、あいつら脳味噌小さいんだもん。まぁ、チワワに罪は無い。作った人間が悪い。作るなら健康な犬を作れ(苦言)

 

人間は見た目じゃない!

 

なるほど、じゃあ見た目も中身もダメな奴はどうしたらいいんでしょう。結局、この辺はぐらかすじゃないですか(苦笑)答えられないから。

 

人間、エルフ、ドワーフ、魔族でさえ。

 

人間「大切なのは中身だ!」

 

エルフ、ドワーフ、魔族「人間はクズ。死ね」

 

人間「」

 

その辺にツッコまないと、最近は話にならないですよ。「分かり合える」なんて。イスラム教徒同士が「俺達は分かり合える」って言ってる物語ばっかりじゃないですか(笑)そりゃあ、わかりあえるだろうね…と。

 

人魚姫の話の逆verをやってくれ('ω')人魚に憧れた人間が下半身を魚にして見せろよ|д゚)

 

多様性が当たり前、という常識が無いと、ボリュームゾーンに生まれなかったマイノリティが普通じゃ無いというだけの理由に悩む羽目になる。人間なんて、ニューガンダムに生まれることもあれば、ザクタンクに生まれることもある。何気にそれが近いような気がするな…。

 

ザクタンクが「俺がガンダムだリア充になれるかも)」と言っても無理なんで…。Aceパイロットが乗っててもさ、Ace+ザクタンクとAce+ニューガンダムの違いしかない('ω')Ace+ザクなら、一般+ガンダムに勝てるかもしれないけどさ。努力や才能ってそういう話。

 

ザクタンクじゃ、ガンダムにはどれだけ努力しても勝てない。現実には将棋とかの世界で才能云々というのはガンダムがニューガンダムに「あいつほどの才能が俺には無い…どれだけ努力しても届かねぇ…orz」とか言ってるわけですよ。

 

一方、私はザクタンクさん(´・ω・`)余裕の「低みの見物」

 

子供は本当に気を付けて欲しい。みんな「同じ人間」だから「話せば分かり合える」と思ってたり、単純な道徳を鵜呑みにしてると、無垢な幼女はHentaiにだって優しく話しかける(´・ω・`)

 

Hentaiが同じ人間じゃないことに気づかせるために「ガンダム」について熱く語ってやらないといけないんじゃないか(違

 

人間ってやつもポケモンと同じで151種類くらいいるんですよ(´・ω・`)中にはゴーリキーみたいな履いてないやつもいる。そういうのとは分かり合えないんで。英語が母語の良識的な外人より日本語が母語発達障害者の方が分かり合えないんじゃないの。

 

まぁ、犬や猫とも仲良くなれるんだから、仲良くなるだけならなれるかもしれない。けど分かり合えるかというと微妙だと思う。同じ人間だから分かり合おうという努力が、寧ろ互いの仲を引き裂いてしまうだろう。犬猫と仲良くなれるのは分かってくれることを期待していないからである。

 

視覚優位であるところの人間は、私が「私は人と違うから期待するな」と言って、彼が了解しても、彼は私が人間と同じ見た目をしているからと言って、自分と同じことを期待してしまう。それによって、彼自身が自身の期待を裏切られたことによって私には失望したと言うのである。勝手に期待し勝手に失望し勝手に私に低評価を下して勝手に私を傷つけるな。

 

発達障害者はチャットやメールによるコミュニケーションがせいぜいである、と書いている精神科医がいたが、そうだろうなーと思う。これを認めない発達障害者がコミュ症を克服すると意気込み、会話で上手くやろうとするわけだが…。

 

健常者も老いによってあるいは認知症なんかで会話能力を喪失していくわけだが会話というのは高度な能力が要求されるのである。

 

まぁ、そういう例もあるし、コミュ症の原因によっては「まとも」になんてなれる訳も無い。「みんなと同じがいい」と望んでも、そうできないのだ、ということもある。

 

なぜ「同じじゃないのか」「同じようにできないのか」は前に説明した。私たちは人間としての生まれも選べないから。人間の見た目をしているだけで中身は旧ザクかもしれないし81式戦車かもしれないのだから。人間の範疇に生まれて来ても、人間としてのクォリティまでは選べないのである。

 

だから、恋人もできない。友達もできない。仕事もできない。結婚もできない。子供もできない。人並みの生活も碌にできない。一生童貞…の場合も勿論ある。生まれながらに。鬱になって。癌になって。怪我をして。病気になって。監禁されて…云々。

 

それが自然である。複雑系。それを嘆くのは人類至上主義で神話を信じているんだろう。無宗教と言いつつ、進化論を信じていると言いつつ、人間(自分)を中心に世界が回っていると考えている。明日、事故に遭って私が死ぬなどということは無い。それを「信仰」と言うのである。

 

自己啓発本は読者が、その努力が普通に世の中で評価される程度の「普通の人間」であることを前提に書かれている。だから、普通の人間ではない私が読んだところで、内容を保証してはくれない。

 

自己啓発本を読んで軽く乗せられ気持ちを高揚させられてしまう人間は、まず都合よくその点を忘れている。私こそこの本を読むに値するターゲットである、と思っている。

 

あなたの努力が適当に世の中で評価されてきた現実があったのかどうか…。

 

コミュ症だって昔から他人と交流する機会なんて何度でもあったはずであり、じゃあその中であなたのコミュニケーションの努力は報われてきたのか否か…。

 

そうじゃないとして、原因が定かでは無い時、何をもって、次は成功する。「俺はまだ本気出してないだけ」と思い得るのだろう…。

 

そういうことを言ってくれるdis自己啓発本も必要である…。自己啓発本を読んで事故を誘発した私はそう述懐する。

 

ちなみに私のブログは私自身が「普通の人」あるいは「健常者」じゃないので、発達障害者向けであろう。でなくとも非リア充向けである。上昇志向なんて無い(ぁ

 

上昇志向のある「諦めない」発達障害者もいるが、私は「諦めた系」発達障害者なので、嗜好が合わないなら読まれない方が良いと思う。やる気になっている人に「水を差す」気は無い。

 

その上昇志向が結局「健常者と同じになりたい」というものであるとき、私は徒労なんじゃないか、と思うが…。猫が犬になるニャンと言ってる感じで。

 

色んな場所で、同調圧力を受けるわけである。まぁ、健常者もそうなのだが。障害者だと健常者側から同調圧力を受ける。社会>学校>大人>生徒…という風に「こうしなければいけない」という命令なり圧力なりを受けるとしたら、健常者>障害者という方向もあるわけで。

 

その中で「私は私」と言うことは難しい。何が私なんだか分からないので(´・ω・`)けれど、そういうジャミングの中で、私は私がザクなのかジムなのかガンダムなのかサザビーなのか知っていかなければならない。そうしなければ「それなりに生きる」ことができないし。「それなりに生きる」ことが「私らしく生きる」ことだと思うのだが…。

 

大体、生き難いのは何が「私にとってのそれなり」なのかよくわからぬことである…(´・ω・`;)

 

よくわからぬこと…というと「心を開け」とよく言われることがあった。自閉症とは心を閉ざしているのだと誤解されたものだが。そもそも心を開くとか閉ざすとか意味が分からない。

 

 ATフィールドとか「心の開け閉め」が流行ったことで、コミュ症は「心を閉ざしているから悪い」みたいにされてしまった気がする(´・ω・`)そんな抽象的なことを言われましても…。

 

 「長門有希ちゃん」とか「綾波レイちゃん」とかは、思うにアスペ全否定である。「健常者と同じじゃないとダメ」という代物であり、自閉系は病気なのだ。健常者の「健全な」「自分と同じにしたい病気」である…。

 

私は「長門有希」や「綾波レイ」は「あれ」だからこそ良いと思っている人間なので「そっち」の良さが分からない。別人じゃないか|д゚)まぁ『アルジャーノンに花束を』みたいな話で知的障害は病気で可哀想で治すべき・本当の姿じゃない、みたいな話である。野蛮人は「教化」して「人間にせねばならぬ」のだ…。

 

けれど、当人にとってはその世界こそが自分であるので、病気・可哀想・治さねばならない…とは全て自己否定に他ならない。人格否定と同じである。ATフィールド・心の開け閉め云々にしても、その指摘と閉ざしている自己の否定は恐らく当人を傷つけるであろう。

 

エヴァンゲリオンは健常者にとっては福音で卒業して万事OKかもしれないが、障害者差別的であるし、自己否定的である。「アダルトチルドレン」=病気、という解答では救いが無い。実際1999年以降、発達障害の知識が広まるまで「大人になりきれないのが全部悪い」みたいな考えが世の中多かったような気がする…。

 

最近は「全部アスペのせい」だが…(´・ω・`;)大人になってないから→生まれながらにガイジだから→救われねばならない系のアニメはなんか違うんじゃないかなーと私は思っている。

 

ウテナ』や『廻るピングドラム』みたいな。「大人になる」ことが正解みたいな話と「大人になれない」から「お前はダメ」みたいな話はどちらも救いが無い。救いが無いし大人から見た独善に過ぎない。

 

通過儀礼を経て「みんな」大人になるんだ、とかそういうのは嘘である。要は「処女割礼」みたいなもので、社会の都合に合わせるために無理矢理、焼き印入れるだけ。「それが自然で素晴らしい」ことにするべきではない。そういう風刺漫画ってあった気がするけど…。大人側からみた同化政策に過ぎないので…。

 

通過儀礼的に大人にしていく話は「蛹から蝶になる」という話でなくて「芋虫を蜻蛉にする」とかそういう話である…(´・ω・`) それは現実がそうなので「これこそが素晴らしい社会である」と思い込ませようとするマインドコントロール作品である。

 

なので「長門有希ちゃん」なんて長門全否定作品を私は認めない|д゚)感情を豊かに表現して「心が叫びたがっているんだ!」とかやらないとダメなんですかね(´・ω・`)そりゃ健常者はそうなんでしょうよ。でも健常者=人間、それ以外は人に非ず、という考えは白人至上主義みたいなもんである。

 

別に「ガイジ」があなたたちと同じように「素晴らしい」とは言わないけど、人間として「本物」だとか「偽物」だとか「正しい」とか「正しく無い」とか勝手に境界線を引くなよ…って思う。そして「本物」になることこそ真に救われる道!とか(´・ω・`;)

 

「馬鹿ちわわ」も「可愛い利口なゴールデン」も「同じ犬」なんだよ。「馬鹿ちわわ」は嫌だが、無かったことにすんな(*ノωノ)

 

人工知能関連の話にも似たようなのを感じる…。人間じゃなきゃダメなのか…(´・ω・`)人間にしたいのか…。人間=神とか考えているから人間と同じにしようと思うのだろうか…。

 

機械は機械で機械なりに賢く論理的な知能を求めたらいいんじゃないの…。

 

機械人形が「人間になりたい」とかいうけど、機械のお前を愛してるんであって、人間じゃ無くて良いんですよ(-_-;)なぜ、人間になりたがるのか。自分を信じろよ(*ノωノ)もっと、自分を肯定しろ。

 

2次元は3次元にならなくて良いし、人間にならなくて良いのです。人工知能くらいは搭載して私にだけ良くしてくれる感じでお願いしたいけれど、人間にならなくて良いのです。

 

まぁ、羨ましいとは思うけどさ。健常者を。不細工が美人に憧れるように。けど、じゃあ「なればいいじゃない」って結論は飛躍し過ぎてる。その前に、とりあえず現状、地に足を付けることを考えるべきだろう…。

 

まぁ、不細工が美人になるのはそんなに難しく無いから例が悪かったかもしれないけど…。「人間が猫になりたい」って言って、自殺しちゃったって話があるけど…(´・ω・`)

 

発達障害者が健常者になりたい」って話もそのくらい無理があると私は思うよ。憧れるのは良いが、その結果、自分が惨めになったり空虚になったりしてたんじゃ逆効果な気がしたりするし。

 

健常者になる前に、やることあるでしょ…みたいな。

 

 じゃあ、自分を肯定して。自分に自信を持ったら、私は輝けるのか?ってことだよね。ゴッドガンダムみたいに。金色に。まぁ、無理ですよ。

 

自身を肯定して、自身に自信を持った。私は旧ザク…。私は旧ザク。「旧ザクなめんな!」って言っても所詮旧ザクなので。金色になったりはしないですよ。緑だから。緑。

 

とりあえず「自信と自己肯定感があれば火星まで行ける」みたいな論理は間違ってる…とだけ。だから、恋人とか人並みの幸せとかも恐らく別に手に入らないので。なぜ自信と自己肯定感があれば健常者並みになれると思ってしまうのだろう…。コミュ症も完治してしまうとか一瞬でも考えてしまったのだろう…。

 

奇跡なんて無い。

 

前に書いたように、ザクタンクに乗ってるなら、ザクタンクの限界を目指すしか無いんですよ。ザクタンクに乗ってるのにサザビーのマニュアルを読んでどうするのか…( 一一)

 

だから、まずザクタンクのマニュアルを用意しなさい。世の中にはザクタンクのマニュアルなんてあまり無いですけど…産廃だし( ..)φメモメモ。とは言えザクタンクのマニュアル手に入れるのも難しいのに、サザビーのマニュアル眺めていてどうするのよ、という話ですね。

 

そんなんだからザクタンクも上手く乗りこなせないのですよ。